Denali's Room 一語一絵

旅と猫とあんことスイカを愛する絵描き、デナリが日々をつづっています。 twitterではMaiDenaliでつぶやいています。

季節を生きる、ネム1歳。

mominoki

もはや、誰も見てくれていなかったとしても、ひっそり、気がむいた時に更新してゆきたいこのブログ...。もう12月ですね。2016年も終わりです。昨日お正月だったはずなのに!!

ついこの間生まれたと思ったネムが今日で1歳。2220gしかなくて、本当に小さくて、こんなかよわい生き物がいるなんてとその儚さにもだえていたのに、もう9キロ。2人目は早いというのはよく聞きますが、本当ですね。ピノの時よりも体感速度3倍くらいで過ぎていった1年でした。ピノの時は家族総出で集まって、料亭でお祝いして、ケーキも手作りしちゃって、そんな感じで大々的にやったのですが。(ちなみにその時の記事がこちら。)ネム誕生日当日は、ピノのスイミングスクール体験入会が主な行事に...ケーキも外注。ああ、2人目の宿命よ...。

でも、おめでとう。
1年前の今日、足の間からひょこっと顔を出した君の泣き顔を忘れないよ。ピノとはまた違ったキャラクターで、その癒される笑顔で、日々、たくさんの幸せをありがとう。
生まれてきてくれて、元気で1歳になってくれて、
ありがとう。

クリスマスが近いので、大きなもみの木は置けないけど、ご近所のかわいいお花やさんでモミの大きな枝を買ってきてワイヤーで壁に固定してみた。意外に頑丈だし、オーナメントも飾れる。水にささなくてもいいんだって。食卓が一気にクリスマス。
あとは、いつもの花瓶にキャンドルや、モミの葉っぱをちょっと切っていれたら、なんとなくそれっぽく楽しい。ピノが保育園で作ってきた小さなリースも飾りました。

毎年、ハロウィンが終わってから年末までの、この慌ただしくもなんとなく賑やかな時期が好きだ。

時間が経つのが速い。速いからこそ。「季節を感じる」ということが一番大事なことなのではないかと思う昨今。所謂、「歳時記」的なことを大切にする暮らし。
子どもが生まれてから、ますますそう思うようになった。

ハロウィン、する?いや一日のためにコスプレ用品買うのもったいないでしょ。クリスマスツリー、出す?どうせすぐ葉っぱ落ちるし。そもそもキリスト教徒じゃないし。年賀状、出す?いやーもう面倒でしょ、このご時世メールかFacebookでいいでしょ。豆、まく?家中にちらばった豆片付けるなんて考えたくない!ひな人形、飾る?またすぐしまうのに出すのもな。

何かをやらなくちゃ、と思うとすぐに「やらなくてもいいんじゃない」と思う自分がいる。「何かをしない」理由ってたくさんある。私は面倒くさがりだし、しない方が簡単だし、理にかなっていたりする。

でも、日々の時間の流れを、季節の移ろいを、ちゃんと感じられるような子になってほしい。

だって、「どうせ○○なら」と考えてしまったら。

どうせ散らかるなら、片付けても意味がない?
どうせ降りるなら、山に登っても意味がない?
どうせ死ぬなら、生きる事には意味がない?

大袈裟か?極端か?
いや、意外とこれは、大きくは同じことのような気がするんだ。

時間の流れがゆっくりで、毎日、今日だけを全力で生きている子どもの目で、世界を感じてほしいなと勝手ながら思う。だから、そんな大したことはしていないけれど、今は一人暮らしの時には全然気にしてなかった歳時記の本を見たりしながら、「あ、今日はゆず湯だ」とかそういうことを前よりも気にするようになった。

それが、自分自身も「日々を流さないで、生きる」ことに繋がっているような気がする。

何でもイベントにすると、楽しいしね。
ne

オーダーすると似顔絵のケーキを作ってくれる、近所のカフェ。
かわいくって、上のプレートが食べられない〜。

弾丸「下北沢について」ツアー!

しもきた
先日、といってもちょっと前のことになってしまいましたが、一泊で、下北沢への弾丸ツアーを決行してきました。目的は本屋さんb&bで開催された、吉本ばななさんと、サボテン高水春菜ちゃんのトークイベント「下北沢のいいところ」を見にいくため。表紙を描かせていた頂いた、ばななさんの新刊「下北沢について」の発売記念のイベントでもありました。

家族全員で行くような時間の余裕がなかったので、今回はピノはパパとお留守番、私がネムだけを連れて一泊で下北にいくというこれまた初の試み。かなりの強行スケジュールではありましたが、長年関わらせてもらった「下北沢について」のイベント、どうしてもいきたかったのです。

続きを読む

Denali's Calendar 2017 「デナリのマンダーランド」

cover2017

お待たせしました!
来年のデナリカレンダー、本日よりお申し込み受付開始します。

今年は2人育児となってはじめてのカレンダーで、いつになく余裕がなくなってしまいましたが、たくさんのサポートを得てこうして作ることが出来ました。感謝。

13冊目となる2017年のテーマは「曼荼羅(マンダラ)」。
塗り絵なども最近は人気のマンダラ。マンダラは、意識を拡大してくれるといいます。

ちょっとへんてこなマンダラ満載の、デナリのマンダーランドをのぞいてみませんか。

お届けは11月中旬となりますので、今すぐお申し込み頂いてもお届けはまだ先となりますが(例年完成が遅くてごめんなさい...)お申し込み頂いた順に、準備完了し次第発送を開始します。

たくさんのお申し込み。お待ちしております!

詳細・お申し込みは、こちらから。



おやさいクレヨンプロジェクト

maiohno
青森で開催された「100人のおやさいクレヨン画プロジェクト」が無事終了し、参加作家さんたちのレプリカポスターが購入できるようになりました^^)

お野菜ベースの色、とっても優しい。
私の絵も、小松菜や、長芋や、りんごや、ごぼうで描かれていますよ〜。

これまで個展をし、原画やポストカードの販売はしてきたりしたものの、「レプリカ作品」の販売は意外とはじめてだったりして。高画質の印刷だそうなので、きっと原画とあまり変わらないのではないかと。

大野舞「イロの伝言」お部屋にいかがですか!

売上金の一部はあしなが育英会に寄付されます。

詳細・購入はこちらから。

宜しければごらんくださいね。

「下北沢について」

下北沢

吉本ばななさんの「下北沢について」(幻冬舎)が9月23日発売になりました。
表紙を描かせて頂きました。

今はもう私は下北沢に住んではいません。
でも、目をとじれば、いつでもあの街に戻ることができます。

下北沢に一人で越してきた時の自分からみたら、遠い未来、神戸で2人子育てしてるなんて、天地がひっくりかえっても想像できませんでした。人生で一番いろいろなことがあった時代を過ごした街、下北沢。街とは単に「家がある場所」ではないんだと、有機的に「街と関わる」というのはこういうことなんだ、と気づかせてくれた場所。

そもそも私が駒沢大学から下北沢に引っ越してくる、背中をおして下さったのがばななさん。そのばななさんからお話を頂いて、「やります!」と飛び上がったのが昨日のことのようです。ネットでなんでも買える世の中、下北沢でしか買えない、というのが大事だ、と話し合って、本屋さんのB&Bから発行されるムック版の「下北沢について」の連載の絵を描かせて頂くことになったのが約3年前。チーム「下北沢について」で10冊が作られて、それがひとつの形になったものが今度は世界中で買えるものとなり、今神戸で手にとっている不思議。

下北沢は今も私にとって人生で一番特別な街。
この本は人生で一番特別な本かもしれません。

ばななさんの言葉は、道に迷うたびに
明るすぎない、暗すぎない、確かな光となって寄り添ってくれます。
自分がいる場所が、家が、駅前の景色が、昨日と同じはずなのにちょっと変わって見えるようになる、いつものお店の人と、いつもはしゃべらないけどちょっと話したくなる、そんな本だと思います。

あの場所で過ごした奇跡のような時間は今でも私の宝物です。
この物語に関われたことを心から幸せに思います。

Trying to smile.

Untitled-1

なかなか更新できません...。
弱音な投稿ですが、今現在、かなり余裕のない日々を過ごしておりまして...。
HPもMPも足りてなくて全然だめです。

今日はただの愚痴投稿!お許しを!

3歳と0歳2人の育児、フリーランスで仕事、実家両方遠い、という現在の状態が想像以上に大変で、しっかり味わいつくしている日々です。子どもが2人になってから、今が一番大変です。ギリギリで成り立っているので、誰かが体調崩したりするとすぐにガラガラ総崩れ、9月に入ってからみんな順番に熱出したり倒れたりしてて、それを実感しております。

ピノ3歳、かわいい、しかしもーーとにかく言うこと聞かない。(笑)終わりの見えないイヤイヤ期が大変であることも否めない!自分のあらゆる欲求はどのような状態においても、全てに優先されかなえられるべきである、と思っており、気に入らないと泣き叫ぶので必然的に私はダメとかやめなさいとか言ってばかりになり、気づくと大きな声を出している。

ネム9ヶ月。離乳食も3回食、ピノや大人のごはんと平行して作らなければいけないので毎日朝から晩まで買い出しと献立のことばっかり考えてる。動き回るようになり、目が離せなくなり、日中あまり寝なくなり、後追いと人見知りが激しいのでわたしにべったり。8キロのネム、動き回られるとかえって家事ができないので家の中でもひたすら抱っこひも。

朝は保育園の送りと家事と離乳食でてんやわんや、午後はネムが昼寝してくれる時は一緒に寝たりもできるんですが、なんやかんやでかけたり予防接種があったり。そしておでかけの時の持ち物は多い。夕方のピノお迎え以降が一番の戦場。それ以外の時間にどれだけ充電しても、この17時から21時くらいのたった4時間くらいで全てを使い果たす...!涙 お迎え後に公園にいって遊び、帰ってきてから2人の食事を別に食べさせ、風呂に入れ、遊びに付き合い、歯を磨かせて寝かしつける。この間ずっと、ピノイヤイヤと、ネム号泣との戦いである。

よし2人寝た!となった瞬間、かっこむように自分も何か食べ、皿を洗い、朝ご飯用の米を炊き、散らかった家を片付け、洗濯をして干し、離乳食を作って小分けにして冷凍し、風呂に入り、メールや雑事をこなして、やっと自分の時間になるのがだいたい0時、そこから3時くらいまで仕事、その間にも夜泣きに召還され授乳、そして7時前にはネムが目を輝かせて完全起床。

毎日「やらなきゃいけないこと」をこなすだけで息切れしてしまって、「やりたいこと」に全然たどり着けない。

忙しい自慢をしたいわけではないのです、もっと大変な状態もいろいろあるし、この程度ごく普通、でも今はなんかもう毎日眠くてずっとぼーっとしちゃって。そのせいで作業効率が落ちて、しわ寄せがあちこちにきてしまう。睡眠時間のなさって、ダイレクトにイライラに直結してしまうんですよね。早く寝かせなきゃって思うから、その計画が妨げられることに対してイラッとくるわけですが、でも結局それは大人の都合ベースの「コントロール」しようとする意思を敏感に感じ取って反発しているだけだから、向き合うテーマは別にあるって、頭ではわかってるんですが。

夫のうしくんはとっても協力的で、いるときは何でも手伝ってくれるので感謝なんですが、仕事は忙しいし、いかんせんよく寝る。笑 仕事を終えて帰ってくる人と、22時から目ギラギラフル稼働の私、テンションが真逆すぎてコミュニケーションがうまくいかないこともしばしば。頑張って働いて帰ってきたんだから家でゆるみたいだろうに、常にイライラセカセカしている私がいるんだからそれも申し訳ない。

2人の天使のような無垢な寝顔を見ているときは反省して「明日はもっと笑顔でいよう、大きい声出すのをやめよう」って思っているのに、もう次の日の朝には「やめなさーーーい!」って怒ってる。反省と、決心の繰り返し。どうしたら、怒らないでいられるんだろう。

今日は1回しかない、子どもの成長はあっという間、毎日が奇跡の連続、だから貴重な時間を味わわなくてはいけない、って頭では分かってるのに、毎晩、一日が終わるとこんなにもほっとするのは何故だろう!早く寝ろ、一刻も早く寝るんだ!とこんなにも思ってしまうのは何故だろう!

最近、自分でも分かってるんですが、家で全然笑顔でいられていない気がします。これじゃだめだなと思っているんですが、あー今お面みたいな顔してるなーと思う瞬間がたくさんあります。

子どもたちは、かわいいです。本当にかわいい。爆笑しちゃうやりとりや、泣けるほど愛しいと思う時間はたくさんあって、でも、だからといって、日々の大変さが軽減されるわけではないのです!!それとこれとは、別レイヤーの事項なのです!とにもかくにも物理的な手が足りないのです。

尊敬する作家の吉本ばななさんから、以前頂いた言葉があって、最近はそのことをずっと考えています。この言葉を心の碇に、毎日の光にしています。

「お母さんは、ただ、ニコニコしていればいい。他は適当でいい。笑っていられなくなったら、やりすぎ。もうお迎えか、まだ帰ってこなければいいのに、そんな風に思ってしまったら、それはやりすぎのサイン。」

能面のような顔で子どもたちに接している自分を意識する度、ピノが話しかけてくるのに生返事をしていることに気づく度、この言葉を思い出しては、一度深呼吸して、気持ちをリセットするようにしています。やりすぎっていうほど頑張れてないかもしれないけど、でも、「次にあれやって、これやって」ということばっかり考えてるから、回転数ばっかり上がって、肝心の目の前のことに向き合えてない。

頑張っているつもりでいるけど、何のために頑張るのか?それで笑顔でいられなくなっちゃうんだったら、本末転倒。栄養バランスのいい献立を作るのに必死になって笑顔でいられなくなるなら、カップラーメンを買ってきて、余った時間で一緒にアンパンマンを観ていたほうがいいんだ。結局は何もかも、自分で自分をがんじがらめにしてるだけ。「やらなくちゃ」と思うから、できないことにイライラする。「も、いいや、やらなくて」となった瞬間、すっと空気がぬける。
家がちらかってても、いいや。
ごはんが適当でも、いいや。

だから、今の毎日の目標は、とてもシンプル。

ただただ、笑顔でいること。

作り笑顔じゃなくって、ニコニコ自然にいられる、そこを目標に他を調整していくこと。
わかっているのに、難しいんだけれど。

でも、笑顔の力ってすごくて、顔だけでも笑顔を作ると、気持ちがそれだけで上向くのです。

だから、笑おう。
「おかえり」って笑顔で言えるようになろう。

「ブログを書く」というのも、したいのに今なかなかできないことの一つ。だからこれからもなかなかのスローペースになっちゃうと思いますが、どうぞゆったりとお見守りください。

手作りままごとキッチン〜!

1

娘たちのために「ままごとキッチン」を手作りしようともくろんでからはや1ヶ月。

夫うしくんと協力し週末毎に100円ショップ、ホームセンター、雑貨やさんに通ってついに一応の完成をみました!もはや買った方が早いし安かったというような状態ですが、でも、作るの楽しかった〜〜!途中から完全に親の楽しみと自己満足の産物と化しておりました。ここどうしようか、何をつけようか、とか話しながらちょっとずつ出来ていく、ていうのがいいんだなあ。

うしくんが土台作り、それから電動工具担当、私は全体のプランと小物担当。ベース部分は楽をして、無印のカードボードボックスです。今回一番こだわったところはコンロのつまみ部分で、まわすとカチカチなるんです〜!裏のところで、ペットボトルを切り取ったプラスッチックが金属版に当たるようなしくみになっています。父頑張りました。

これを出発点として、これからもちょっとずつパーツを増やしたり、色を塗ったり、オーブンとか作ったり、徐々にレベルアップさせていきたいと思います。娘2人がそのうちこれで遊んでくれるようになるのを楽しみにしております。

純粋なモノ作りは楽しい。

ホームセンターにいくとやたら何か作りたいスイッチ入ります。続きを読む

100人のおやさいクレヨン画Project

55 PM
イベント参加のおしらせです。
「100人のおやさいクレヨン画Project」に私も参加させて頂きます。

国産のお米と、野菜を原料として作られたおやさいクレヨン。ピノも元から愛用していたのですが、とにかく眺めても、描いても、たのしいクレヨン。だってブロッコリーはちゃんとブロッコリー、さといもはさといも、コーヒーはコーヒーなんです!!当たり前だけれど「ほうれんそう」と「こまつな」も同じ緑のようで、全然違う緑なんです。

やさしい気持ちで描けるので、やさしい絵になったかな。
見て頂けたら嬉しいです^^)

イベントの詳細は、こちら!!

<展覧会場>
青森県立美術館コミュニティギャラリーA
〒038-0021 青森県青森市安田字近野185

<展覧会期>
2016年9月22日(木・祝)~25日(日)
10:00~17:00 ※最終日は13:00まで

青森県の開催ですが、お近くの方は是非!!

あかちゃんがえり?

最近「たべさせて~~」とか「きれない~」とか普段自分でできてることを突如やらなくなり、「ママやって~~~」と甘えモード全開になるピノ。

「え~ピノちゃん赤ちゃんになっちゃったんだ~~赤ちゃん~~♪」とニヤニヤ私が言うと。

続きを読む

エルゴへのラブレター。

iruka

ピノが産まれたときからずっと、「エルゴ」という抱っこ紐を使っています。
もう定番も定番、みんな持ってるんじゃないかという、アレです。今でこそいろいろ同じタイプの抱っこ紐がいろいろなところから出ているけれど、3年前は腰で支えるタイプの抱っこ紐といえばエルゴ、という感じでした。

私の育児人生は全てエルゴと共にあると言っても過言ではありません。

ピノはとにかく置けず、ずっと抱っこの子だったので、快適な抱っこ紐を求めて難民と化し、あらゆるタイプの抱っこ紐を試して結果落ちついたのが定番のエルゴ。スリングタイプのナチュラルな抱っこ感も好きだったのですが、抱っこしながら自転車に乗ったりするようになったら危なかったので。エルゴの何が良いって、授乳も家事も育児も仕事も、抱っこしたままありとあらゆることが出来ることです。おんぶもできるし。リュックと一緒なので両手が使えて疲れにくい。

とにかく3年間使い倒して、そして今、ネムに使っているわけですが(こちらもピノにも増してずっと抱っこちゃん...どういうわけだかベビーカー嫌いな娘たち...。)ふと見るとあまりにボロボロ!!洗濯し過ぎで色は褪せ、糸はほつれ、洗ってもとれないよだれや食べ物のシミがあり、一部布が破けて下の綿みたいな中身が露出しているひどい有様。

なので、最近ミシンを新調したのをいいことに、エルゴカバーを作ることにしました。以前デザイナーの畑さんに分けて頂いた、素敵なmonitkotoの生地を使って。エルゴカバーの型紙は、ネットを検索して参考にさせて頂きました。(「エルゴカバー 手作り」とかで検索するといろいろ素敵なのが出てきます〜!手芸の達人の方々はすごい!)続きを読む
デナリカレンダー2017
Denali's Calendar 2017
「デナリのマンダーランド」
ご注文受付開始!

詳細はこちらでごらんください。
スピリチュアルかあさん
日本の神託カード
「日本の神様カード」第2弾、
「日本の神託カード」発売中!

ご興味ある方はこちら
記事検索
月別アーカイブ
コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ