Denali's Room 一語一絵

旅と猫とあんことスイカを愛する絵描き、デナリが日々をつづっています。 twitterではMaiDenaliでつぶやいています。

おもひでボロボロ

1
うわあ、気づいたら1回しか更新できていなかった8月!!
ガーン。

それもこれも体調を崩していたせいです...。

8月は帰省があり、大好きな下北沢の友達に会えたり、大学時代のサークルの集まりがあったり(一緒に映画を撮っていた仲間たち10人くらい、今やみんなの家族が増えに増えて総勢30人近い集まりに!)実家の葉山でのんびりしたり、と充実して楽しかったのですが、詰め込みすぎたせいか、後半はまずピノ4歳が高熱を出し、続いて私、そしてネム1歳にうつり、次から次へとみんな体調を崩してボロボロ、私もつわりをのぞけばこんなに体調が悪かったのは久しぶりで、めまいと吐き気と高熱で起き上がれないほど。最終的には血を検査するにまで至りました。

そんなオモヒデボロボロの2017年夏でありました。楽しかったのでいいんですけど!

子どもが具合悪いのも辛いけど、自分が具合悪くて育児をするというのもより辛い、というのを何度目か思い出しました。その他にもいろいろあって、「自分と家族の健康」に勝る宝は人生にないな、とあらためて思いました。

美味しいものも、楽しい旅行も、
お気に入りの服も、素敵な人との約束も。

すべては、すべては、

健康あってこそ。

私もアラフォーなので、そろそろいろいろあってもおかしくないし、自由業なので全然健康診断とかも受けていないので、ちゃんと人間ドックに一度いってみよう、と決心いたしました次第です。

最近全く更新できていないこのブログ、それでも「見ています!」と言ってくれてくださる人がいる限り、続けます。告知や、お知らせは、TwitterやFacebookで事足りるし、いい写真はみんな最近はインスタグラムらしいし、実際そちらが主流になってからブログをやるという人は減っていると思います。
でも常に洪水のように情報が流れているのを受動的に見るだけのSNSだと、思いきってかけない。強制的に情報が目に入るから、こんなん見たくない人がいたら申し訳ないな、と思ってしまうし、実際私もそう思うことがよくあります。情報が多すぎて私みたいな根本アナログ人間だと処理しきれないのです(汗)。その点ブログは見たい人が能動的に飛んできてくれているということになるので、じっくり考えて向き合える、心やすらぐオアシスみたいな大事な場所です。

最近は、私は将来、子どもたちがこのブログを読むこともちょっと考えたりしています。このブログは私が23歳の時から始まっているわけで、私だったら、自分が23歳の時に、母が23歳の公開日記があったら、読んでみたいと思うだろうなと思う訳です。親が自分が同い年の頃、何を考えていたんだろうなあとか。自分が産まれた日のこととか。(長女ピノに比べて次女ネムの記事は少ないわけですが(笑)そんなことも将来言われるだろうか!第二子の宿命と諦めてもらうしか!)

そんな大したことは書いていないけれど、長く続いている、というくらいがひとつの取り柄。だから時代おくれなのかもしれないけれど、これからもずっと続けていきたいし、見て下さる方の為に何かを発信し続けたいと思っています。

熱が下がってから最初にちゃんと外出した日の夕暮れが、いつにも増して綺麗に見えたなあ。
2






いのちの力。

plantman

10年くらい前、三軒茶屋から駒沢大学に引っ越しをした。私は引っ越しのたびに、何か大きめの植物を新しく買ってしまう習慣があって、その時は大きなトネリコの木をお迎えした。植物も動物と一緒で、お店にたくさん並んでいても、「私、私を連れてって」と目が合う子が必ずいて、少しだけ光ってみる。その時のトネリコもそうで、本当はもっとわさわさとした大きな葉っぱの子を探しにいったのだけど、トネリコを連れて帰った。

新しい家に、新しい植物。

それは単純に引っ越しに伴うインテリア、という意味合い以上のものがある気がする。多分私は「仲間」が欲しいのだ。全くの新しい場所での暮らしが始まる、まだ周囲に体が馴染んでいなくて期待と同時に不安も大きい、そんなストレンジャーであるのが自分だけではない、と思いたいのだと思う。
続きを読む

ハンドメイドデーモンと化す。

インディアン
基本ナマケモノな私ですが最近勤勉に?頑張っていることがあって、100円ショップで買ってきたお安い素材を組み合わせたり、既に家にあるものをリメイクしたり、というプチDIYにはまっています。
続きを読む

水曜日のネコのグラスができました。

IMG_4149
私がネコの絵を描かせて頂いている、ヤッホーブルーイングさんの「水曜日のネコ」のオリジナルグラスが完成しました!おなじみのネコが新しいポーズで登場。これで飲んだらビールがますます美味しくなりそうです^^)

こちらのサイトでご注文頂けます。

ビール好きな方へのギフトでも良いかも?

IMG_4148
もう一種類は、もっと大きな1PINTサイズ!こちらは、通販では買えないのですがよなよなエールさんの飲食店、よなよなビアワークス各店で購入可能です♪お店に行かれた方は是非このグラスでネコをグビグビと飲んでくださいね。

なんにせよ、はやくビールが飲めるようになりたい夏であります。笑 
断乳せねば!
続きを読む

スピリチュアルかあさんスタンプ、できました!

48 PM

私の作ったLINEのスタンプ「スピリチュアルかあさん」スタンプが発売開始になりました。

申請してから1ヶ月以上と随分時間がかかって、最近は承認がはやくなったと聞いていたのに、やっぱりマニアックだからダメなのかな...と諦めかけていましたが(笑)今日無事に承認されて、嬉しかったです〜。コミックエッセイシリーズ、「スピリチュアルかあさん」シリーズはこれまでにKADOKAWAさんから3冊発売になっています。

「スピリチュアルかあさん見えない何かと仲良しな日々♪」

「スピリチュアルかあさんの今よりもラクに生きる魔法」

「スピリチュアルかあさんの魂が輝く子育ての魔法」

スピリチュアルな世界を、そんな特別なものじゃなくて、わかりやすく、ハードルが低いものとして伝えられたらいいな、と思って描き始めたシリーズでありますが、同時に私の人生のあれこれが記録されている本でもあります...。

おっちょこちょい&スピリチュアルな母ゆりこのスタンプ、使い勝手が良いのかどうかは置いておいて、言霊パワーは詰まっています!2人で一緒に考えました。

是非見てみて下さいね。

スピリチュアルかあさんスタンプはこちら!!

食洗機は贅沢品なのか?

a

タイトルの通りなんですが。
やってきました、食洗機!買ってしまいましたよ、文明の利器。
話を聞くにつけ、ここしばらくずっと欲しかったもの、食洗機。

使ったことがない、わけでは全然ない。
実家は食洗機だったし、その便利さは知っている。

ただなんとなく、今の自分の家の狭い台所に置けるとは思っていなかった。続きを読む

子育ても5年目。

6

ネムが面白い。
四六時中、とにかくピノの真似ばかりしようとする。おねえちゃんがお菓子をもらっている、おねえちゃんがテレビを見ている、おねえちゃんが三輪車にのっている、それをじーーーーっと観察して、自分もやろうとするんだけれども、当然うまくできなかったり自分はもらえなかったりして、イーーーッと怒っている。それもまた面白いんだけど。思い通りにならないと、ピノの髪の毛をひっぱったり、たたいたりするのでよく私に怒られるのですが、ピノはこんなことしなかったなあ、と考えてすぐに、そりゃそうだ、だってピノにはやりたいことを邪魔するような存在は誰もいなかったんだから、と気がつく。
続きを読む

元町BALにて。

IMG_3882

神戸は元町にある商業施設、BALに私が以前こちらで個展をさせてもらった時に作った、パネルの絵が飾られています。1階と2階の間にある階段の踊り場のところ。原画をファブリックパネルにしたもので、かなり大きいです。
左から

「空と在るくらし」
「海と在るくらし」
「森と在るくらし」

です。

バルの最上階のギャラリーでこれまでに2回個展をさせてもらったことがあります。1回目は2010年のアラスカカレンダーの原画展、「いのちとのくらし」展。そして2回目は、90歳になる書道家のおばあちゃんの卒寿の記念に、合同で開催した「卒寿昔話」展。をしました。それ以外にも、セールの広告のイラストを描かせて頂いたりしたこともあります。

こんなのとか、こんなのとか。

その時は本当、自分が神戸に住む事になるなんて、想像だにしていなかった!!

めぐりあわせってなんて不思議なんでしょう。

ということで、バルにお立ち寄りの際は見てみて下さいね。
いろいろ新しいお店も入って魅力的になり、ついお財布の紐が緩んでしまう場所です。

Keep using it or just get a new one?

scan

大事に使っていた、陶器の器を自分の不注意で欠けさせてしまった。
3歳1歳がいる食事にも毎日ばんばん使っていたから、いつかは何かあるかも、と思っていたけれど、やっぱりショックだった。(しかもやっちまったのは、子どもではなく自分だった!)

でも、はじっこが割れて少し欠けただけだったから、「金継ぎ」というものをすればまだ使えるかもしれない、と思って、ネットで「金継セット」を買おうかと検索してみた。

そしたらびっくり。

金継セットを買う値段で、同じお皿が3枚は買えるではないか。
そりゃそうか、「ゴールド」なんだもんな、と当たり前のことを思い知る。

さて、どうしよう。

普通に考えたら、新しいお皿を買って、欠けたものを捨てるのが一番合理的だ。作家さんのお皿ではあるけれども量産されているものだし、私は金継をしたことがないし、うまくできる自信もない。

でも。私がこれまで愛着を持って使ってきたのは、欠けてしまった、このお皿だ。作家さんの個展に伺った時にご本人と直接会話をしながら、買ったこのお皿だ。

古いものを使い続ける方が、ピカピカの新しいものを買うよりも高くつく。それでも、どうしてだろう?使い続けたいと思うのは、目の前のこのお皿なんだ。

ポチッとするだけであっという間にモノが手に入る世界、決まった曜日に出しておけば、誰かが持って行ってくれて代わりに捨ててもらえる世界。ずっと一緒にいたいものと、簡単にゴミ袋に入れられるもの。その差を作り出すのは値段だけでは、きっとないはず。

モノを大切にするってどういうことだろう?
自分とモノと間の物語ってなんだろう?
それがちゃんと築けていれば、きっと何かがみえてくるはず。

と、そんなことをとりとめなく考えているであります。

3歳児とのつき合い方。

6

レストランで、カフェで、何かを食べたいと大騒ぎし、注文したものが運ばれてくると、「いらない」と一口も手をつけない。

雨の日、両手がスーパーの袋でふさがり、傘をさし、更に抱っこ紐に10キロの赤子を入れている母に向かって「だっこ!!」と喚く。

言われた通りのことを言われた通りにしているのに、「ちがーーーーーう!」と怒る。

登ったら落ちるよ、と繰り返し言っている場所に登って、案の定落ちる。

渋滞に巻き込まれた車内で、持ってきてないものを出せと騒ぐ。

母に分身の術を要求する。

こちらが聞いたこともないルール(母は先に階段を登ってはいけない等)を「なんでそんなことしらないの?」みたいな勢いで主張してくる。

どうですか~~
怖いでしょ~~~ホラーでしょ~~~
全部実話どころかあるある幼児エピソード〜〜〜続きを読む
デナリカレンダー2017
Denali's Calendar 2017
「デナリのマンダーランド」
ご注文受付開始!

詳細はこちらでごらんください。
スピリチュアルかあさん
日本の神託カード
「日本の神様カード」第2弾、
「日本の神託カード」発売中!

ご興味ある方はこちら
記事検索
月別アーカイブ
コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ