Denali's Room 一語一絵

旅と猫とあんことスイカを愛する絵描き、デナリが日々をつづっています。 twitterではMaiDenaliでつぶやいています。

水曜日のネコが受賞しました。

18 AM
私がネコのイラストを描かせて頂いたビール、「水曜日のネコ」(ヤッホーブルーイング)が、Topawards Asiaというアジア限定でパッケージデザインの表彰をしている団体から「Outstanding in Creativity」という賞を受賞したそうです。とても嬉しいです。ビールを我慢する日々がもう3年以上続いていますが、こうなったらネコで祝杯をあげるしかない!!

台湾や、オーストラリアや、海外にいる友達が「こちらで水曜日のネコを見つけたよ!」と報告してくれることも増えました。最初はコンビニでしか売られない、という話だったネコが、どんどん羽ばたいて、世界に広がっていくのを見守っていられて幸せです。

本当に美味しいですよ〜!

受賞のサイトはこちらです^^)
https://www.topawardsasia.com/home/suiyobi-no-neko


必ず。

scan


私が普段しないアクセサリーをしてたりすると、すぐにめざとく見つけて必ずこう聞いてくる。3歳娘にとって「良きもの」は「どっかに落ちてる」ものらしい。

ちなみに、#子は自由な宇宙人 というハッシュタグで、こんな感じでピノとネム、宇宙人ムスメたちのあれこれをたまにつぶやいています。Twitter、インスタグラムなどされている方はよかったら見てみてくださいね。

Twitter :MaiDenali
Instagram: maidenali

がアカウントです^^)

ごはんごはんごはん。

gohan
毎日会う保育園のママたち、それは志を同じくする戦友みたいなもので、日々とても助けられる存在。
そして毎日必ずといっていいほど、かわす会話がある。
それは

「今日の夜ご飯なに??」

である。

もう本当に。
日々のごはんづくりって、大変ですよねみなさん!続きを読む

SHIMOKITAZAWA IN KYOTO!

ShimokitazawainKyoto

イベントのお知らせです!
ご縁を頂いて、京都の恵文社さんで2月に小さな展示をさせて頂くことになりました。

SHIMOKITAZAWA in KYOTO
〜下北沢が京都にやってきた!〜

下北沢にまつわる吉本ばななさんの最新エッセイ「下北沢について」の発売を記念して、 小さな「下北沢」コーナーが恵文社にオープン!これまで下北沢でしか買えなかった小冊子版 「下北沢について」の1−10巻がこの期間限定で展示・販売されます。

また大野舞が手がけた挿画の原画の一部や、 下北沢の書店B&B(http://bookandbeer.com/)のオリジナルグッズ(ノートや、トートバッグなど)も並びます。

期間  2017年2月1日(水)-28日(火)
会場  恵文社一乗寺店
京都府京都市左京区一乗寺払殿町10
http://www.keibunsha-store.com/
075-711-5919

京都の中の小さな「シモキタ」スペースにどうぞお立ち寄りくださいませ。

~新春 狂言への誘い~ 野村万作・萬斎のチラシデザイン

1
今月26日、相模女子大学グリーンホールで開催される「~新春 狂言への誘い~野村万作・萬斎」のチラシをデザインさせて頂きました。狂言をあまり観たことがない人にとっても入り口になるような、楽しめる内容になっているとのこと。華麗なる親子の新春の共演、是非観てみたかったのですが、関東での公演なので行けないのが残念です。

ご興味ある方は是非!
こちらが詳細となります。
続きを読む

デジタル海を泳ぐ

take
先日、大阪リバーフォーラムでやっていた、チームラボの「Music Festival, teamLab Jungle」に行ってみました。(昼の「こどもの部」の方。夜はどんななんだろう)

音と光が飛び交う未来的な空間はとっても楽しくて、手をかざすと光の花が跳ねたり、大きなボールが飛んできたり、大きなぴちょんくんが飛んできたり、子どもたちはみんな目をキラキラさせて楽しんでいました。もちろん、大人も楽しい。ピノを精一杯手をのばして光のボールを触ろうとし、ネムも飛び交う光線を興味津々でじーっと観察していました。

私達が子どもの頃、こんなものはもちろんなかったわけで。

手塚漫画の「火の鳥」で、未来編だったかな?若者たちが「無重力ディスコ」にいき、光と音の中で踊りあかして無重力の中でシャッフルされて、みんな空中を漂う、というようなシーンがあって、未来にはこんなことがあるのかなあとワクワクしたことを、なんとなく思い出した。
ちなみに去年はこれにも行きました。こっちの方が更にインタラクティブで子どもたちは楽しんでいたな。

iPhoneで遊ばせたくないとか、Youtubeばっかり見せたくないとか、つい育児において私はデジタル系の制限方面にいってしまうのだけど、それって自由に泳ぐ力を持っている魚を囲うようなものなのかしら。

だって、今はドラえもんがもう生まれた後の世界なんだから。

昔は夢みたいだったことが、当たり前になってる世界を生きている今の子どもたちが大人になる頃に、一体どういうことが実現しているのか、純粋にワクワクする。
ゲーマーであるはずのわたしだけれども、未来に自分の娘が遊んでいるゲームとか、きっと出来ないんだろうなあ。笑「なんでこんなこともできないの?こうやるんだよ!」とか言われるんだろうなあ。

私がそれをスーパーファミコンで、ドンキーコングの操作ができない母に言っていたように。
IMG_2966

今年もよろしくお願いします。

3

あけましておめでとうございます!
2017年になりました。

写真は大晦日に家族で行った森戸神社。
小さい頃からずっと見てきた景色。
大きな太陽が山の向こうに沈んでいく間、ピノはずっと「バイバイ、バイバイ!」と叫び続けておりました。静謐な情緒はどこへやら!

2
続きを読む

季節を生きる、ネム1歳。

mominoki

もはや、誰も見てくれていなかったとしても、ひっそり、気がむいた時に更新してゆきたいこのブログ...。もう12月ですね。2016年も終わりです。昨日お正月だったはずなのに!!

ついこの間生まれたと思ったネムが今日で1歳。2220gしかなくて、本当に小さくて、こんなかよわい生き物がいるなんてとその儚さにもだえていたのに、もう9キロ。2人目は早いというのはよく聞きますが、本当ですね。ピノの時よりも体感速度3倍くらいで過ぎていった1年でした。ピノの時は家族総出で集まって、料亭でお祝いして、ケーキも手作りしちゃって、そんな感じで大々的にやったのですが。(ちなみにその時の記事がこちら。)ネム誕生日当日は、ピノのスイミングスクール体験入会が主な行事に...ケーキも外注。ああ、2人目の宿命よ...。

でも、おめでとう。
1年前の今日、足の間からひょこっと顔を出した君の泣き顔を忘れないよ。ピノとはまた違ったキャラクターで、その癒される笑顔で、日々、たくさんの幸せをありがとう。
生まれてきてくれて、元気で1歳になってくれて、
ありがとう。

クリスマスが近いので、大きなもみの木は置けないけど、ご近所のかわいいお花やさんでモミの大きな枝を買ってきてワイヤーで壁に固定してみた。意外に頑丈だし、オーナメントも飾れる。水にささなくてもいいんだって。食卓が一気にクリスマス。
あとは、いつもの花瓶にキャンドルや、モミの葉っぱをちょっと切っていれたら、なんとなくそれっぽく楽しい。ピノが保育園で作ってきた小さなリースも飾りました。

毎年、ハロウィンが終わってから年末までの、この慌ただしくもなんとなく賑やかな時期が好きだ。

時間が経つのが速い。速いからこそ。「季節を感じる」ということが一番大事なことなのではないかと思う昨今。所謂、「歳時記」的なことを大切にする暮らし。
子どもが生まれてから、ますますそう思うようになった。

ハロウィン、する?いや一日のためにコスプレ用品買うのもったいないでしょ。クリスマスツリー、出す?どうせすぐ葉っぱ落ちるし。そもそもキリスト教徒じゃないし。年賀状、出す?いやーもう面倒でしょ、このご時世メールかFacebookでいいでしょ。豆、まく?家中にちらばった豆片付けるなんて考えたくない!ひな人形、飾る?またすぐしまうのに出すのもな。

何かをやらなくちゃ、と思うとすぐに「やらなくてもいいんじゃない」と思う自分がいる。「何かをしない」理由ってたくさんある。私は面倒くさがりだし、しない方が簡単だし、理にかなっていたりする。

でも、日々の時間の流れを、季節の移ろいを、ちゃんと感じられるような子になってほしい。

だって、「どうせ○○なら」と考えてしまったら。

どうせ散らかるなら、片付けても意味がない?
どうせ降りるなら、山に登っても意味がない?
どうせ死ぬなら、生きる事には意味がない?

大袈裟か?極端か?
いや、意外とこれは、大きくは同じことのような気がするんだ。

時間の流れがゆっくりで、毎日、今日だけを全力で生きている子どもの目で、世界を感じてほしいなと勝手ながら思う。だから、そんな大したことはしていないけれど、今は一人暮らしの時には全然気にしてなかった歳時記の本を見たりしながら、「あ、今日はゆず湯だ」とかそういうことを前よりも気にするようになった。

それが、自分自身も「日々を流さないで、生きる」ことに繋がっているような気がする。

何でもイベントにすると、楽しいしね。
ne

オーダーすると似顔絵のケーキを作ってくれる、近所のカフェ。
かわいくって、上のプレートが食べられない〜。

弾丸「下北沢について」ツアー!

しもきた
先日、といってもちょっと前のことになってしまいましたが、一泊で、下北沢への弾丸ツアーを決行してきました。目的は本屋さんb&bで開催された、吉本ばななさんと、サボテン高水春菜ちゃんのトークイベント「下北沢のいいところ」を見にいくため。表紙を描かせていた頂いた、ばななさんの新刊「下北沢について」の発売記念のイベントでもありました。

家族全員で行くような時間の余裕がなかったので、今回はピノはパパとお留守番、私がネムだけを連れて一泊で下北にいくというこれまた初の試み。かなりの強行スケジュールではありましたが、長年関わらせてもらった「下北沢について」のイベント、どうしてもいきたかったのです。

続きを読む

Denali's Calendar 2017 「デナリのマンダーランド」

cover2017

お待たせしました!
来年のデナリカレンダー、本日よりお申し込み受付開始します。

今年は2人育児となってはじめてのカレンダーで、いつになく余裕がなくなってしまいましたが、たくさんのサポートを得てこうして作ることが出来ました。感謝。

13冊目となる2017年のテーマは「曼荼羅(マンダラ)」。
塗り絵なども最近は人気のマンダラ。マンダラは、意識を拡大してくれるといいます。

ちょっとへんてこなマンダラ満載の、デナリのマンダーランドをのぞいてみませんか。

お届けは11月中旬となりますので、今すぐお申し込み頂いてもお届けはまだ先となりますが(例年完成が遅くてごめんなさい...)お申し込み頂いた順に、準備完了し次第発送を開始します。

たくさんのお申し込み。お待ちしております!

詳細・お申し込みは、こちらから。



デナリカレンダー2017
Denali's Calendar 2017
「デナリのマンダーランド」
ご注文受付開始!

詳細はこちらでごらんください。
スピリチュアルかあさん
日本の神託カード
「日本の神様カード」第2弾、
「日本の神託カード」発売中!

ご興味ある方はこちら
記事検索
月別アーカイブ
コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ