Denali's Room 一語一絵

旅と猫とあんことスイカを愛する絵描き、デナリが日々をつづっています。 twitterではMaiDenaliでつぶやいています。

2004年10月

コーヒーマーメイド

たっぷりとした
黒い海に
溶けていきます。img20041028.jpg

タンポポの独り言

img20041027.jpg 
たくさん飛んでいく種のうち
どれかから芽がでればいいなんて
そんな謙虚なきもちで
種を飛ばしたことなんかない

全ての種がいろいろな場所で根をはやして
また花を咲かせる可能性を信じたい

よくばりにならないと
大きなことを願わないと
このくらいでいいやって、思ってしまったら
きっとそこまでも辿りつけないから。

てのひらの太陽

img20041026.jpg
たいようを
だっこしてみる

わたしとたいよう
どっちも宇宙にひとつだけ。

水を得た魚

img20041025.jpg
ごく
ごく
ごく

ゼロからの始まり

bird-flyingsmall.jpgだからたまには
自分をゼロに戻して
わたしにとっての
「ほんとうにたいせつなもの」
は何かを考えてみる。
ゼロは、無ではなく
そこからまた踏み出す、という
新しい出発点。
boy-frontsmall.jpg

ほら、目を閉じて。

girl-front.jpgほんとうに大切なものは、目には見えないんだ。

―サン テグジュペリ『Le petit prince』―
girl-eyeclosed.jpg

あしたをめざして

img20041019.jpg旅の初日が終わりをつげる
夜の広場に塔が浮かぶ

古い友人との再会や
変なサーカスとの出会い
塔の上からの景色に
日向ぼっこの絵描き

たのしいこと、おいしいもの

全ては次々 過去になり
私はあしたに飛んでいく

一人旅なんてものは

その、くりかえし

その、くりかえし。


一日の終わり、そしてドン・ジョバンニ

img20041019.jpg薄暗くなったと思った 次の瞬間には
もう闇がやってくる。

たどりついたマリオネット劇場で
人形たちの「ドン・ジョバンニ」を観る
それはまったく奇妙な饗宴で
生きてない事が不思議なくらいの
糸で吊られた人生の数々
人形達がバーで打ち上げをしていても驚かない

カーテンコールのそのあとに
こっそり舞台に上って
モーツアルトの真似事。
img20041019_1.jpg

シアワセのおまじない

img20041014.jpg
夕暮れのカレル橋、楽隊や似顔絵描きでひときわ賑わっている中心には、1つのレリーフ。
触ると幸福が訪れるというそのレリーフに、こっそり触れるのはレディーミノムシ。

「べ、別に信じてるわけじゃないわよ かわいいから触ってるだけですからね」

夕焼け鳥

img20041014.jpg夕焼けは
どこにいてもやってくるものです
それは明日が
どこにいてもやってくるのとおなじです

見知らぬ町の夕焼けも
自分の町の夕焼けも

みんな明日につながっています

そして次には大きな鳥が
月を運んでやってくる





デナリカレンダー2017
Denali's Calendar 2017
「デナリのマンダーランド」
ご注文受付開始!

詳細はこちらでごらんください。
スピリチュアルかあさん
日本の神託カード
「日本の神様カード」第2弾、
「日本の神託カード」発売中!

ご興味ある方はこちら
記事検索
月別アーカイブ
コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ