Denali's Room 一語一絵

旅と猫とあんことスイカを愛する絵描き、デナリこと大野舞が日々をつづっています。

2005年09月

img20050912.jpg
小さい頃に原作を読んでその世界観にはまり、大好きな要素ばかりがぎっしり詰まったこの映画、見ないわけにはいかないということで前日睡眠2時間、公開2日目、日曜日の渋谷という憂鬱ハードルも軽々飛び越え、早速見に行きました。

素晴らしかったです。湯せんされたチョコレートの如く心トロトロ。ティムバートンの例の異様なまでの、彼の脳内では一体何が起こっているのか、本当にこの人についてって自分の人生間違ってないのか、ときっとスタッフを悩ませたに違いない世界観の作りこみと演出の細かさ。その世界観の中で完璧に生き生きしているジョニー・デップのウィリー・ウォンカ。

原作好き、ティム・バートン好き、ジョニー・デップ好き・チョコレート好き、ミュージカル好き、時計じかけのオレンジ好きみんなを満足させる楽しい映画だと私は思いました。


続きを読む

348.jpg

最新号の「Goods Press」(徳間書店 定価590円)さんに
イラストを描かせていただきました。ありがとうございます。嬉しい~。
グッズプレスというのは男性紙なので今までちゃんと読んだことはなかったのですが
モノ好きウンチク好きなので、じっくり読んだら欲しいものがいっぱい増えました。

自分がターゲットから外れている雑誌を読むのは実はすごく楽しい。
「男のこだわり服飾学」とか「プロフェッショナルのための計器」とか
男性が女性誌を読んだときに何を考えるのか知りませんが、
身近なのに意外と「知らない世界」。

LOHASの特集ページに載っているので是非見てみてくださいませ。

gp.jpg


img20050909.jpg今まで本の話は何回か書きました。あまり漫画について書いたことはありませんでしたが、私は漫画も大好きであります。絵が素敵だと、参考にしたりもします。おもしろければジャンルに関係なく、何でも読みます。

一人暮らしを始めてからはかさばるのであまり買わないようにしてますが、続きが出るとつい買ってしまうものや漫画喫茶に行ってしまうものがあったり。
以下、最近読んだ(OR読んでいる)ものをまとめてみました。好きな漫画ではなく(これについて書き始めたらキリがない)現在進行形のもの限定。


この生き物は話題の「ハチクロ」のはぐちゃんを描いてみたものです。恐い・・・
続きを読む

05-09-08_02-00.jpg

さあ、そろそろ次の転がりの旅に出ようか。

img20050907.jpg
よく、思ってもみていなかった方から「いつも見てるよ」なんて言われてびっくりしたりするのですが、それはすごく嬉しいことです。
このブログも開設して1年半くらい経ち、最初は30~40くらいのアクセス数だったのが200~300とかになっています。びっくりだ。

いつも見て下さっている方、偶然立ち寄ってくださった方、本当にありがとうございます。
どんどんいろいろな人に知ってもらえたらいいなと思います。こんな東京のすみっこで毎日らくがきばかりしてること。単純なので、絵を好きと言ってもらえるとそれだけでレギュラー満タンなのです。リンク大歓迎。コメントもどんなことでもご自由に書いてくださいませ♪メールももちろんハッピーです。

関係ないですが、さっきお風呂で思いっきり転んで足に痣ができました。裸で転ぶとかっこ悪い上にダメージが大きいです。もう痣がすぐ消える年でもないというのに・・・・しかも、そのあともう一度転んだ。



05-09-04_17-38.jpg
いやーんハート

寝ていると、あの般若の形相が嘘のような寝顔です。ラブ。

そしてそして、うちのデナリもやっぱりもちろんかわいいのです。
デナリは生後2週間から私が世話をし、死にかけたのを必死で世話をして
アラスカで寂しくなったときの何よりの心の支えになってくれました。
それは、年を重ねたネコだけから漂う貫禄のオーラ。
どうです、この堂々としたまなざし。
続きを読む

早速子猫命名会議が家族内で開催されました。名前は大事。
先住ネコであるデナリは、前にも何回か書きましたがアラスカの山の名前です。北米最大の山、マッキンレー山のイヌイット名で「偉大なるもの」という意味であり、いつの間にか私の絵描きネームにもなっています。(ただ、ネコのデナリは最近はずっと「デナポン」という奇天烈な愛称で呼ばれています。)

なので私は最初日本の山の名前がいいと思って「フジ」「アサマ」「ホダカ」などを主張したのですが、どうもこの高貴な顔にしっくりきません。「ビワ」とか「トネ」「モガミ」とかもイマイチです。ならば偉大な芸術家の名前はどうだ、ということで「ピカソ」「クレー」「ベートーベン」などがあがりましたが、これらはどうも呼びにくい。父親が何故か一貫して「小金丸」という名前を提案し続けるも敢え無く無視され、会議は白熱。
でも私はやっぱり自然とか宇宙とか、壮大さを感じさせる名前が良かったのです。

あとはやっぱり日本生まれなんだから日本も感じさせたい。

そうして結局・・・・


subaru1.jpg


「昴(すばる)」君になりました。
続きを読む

05-09-03_23-47.jpg05-09-03_23-47%7E00.jpg





















左が、そろそろおばあちゃんになりつつあるアラスカ生まれのデナリ。右が、今日うちにやってきたぴちぴちの美少年チンチラ、名前はまだありません。
人間年齢に換算するとシュールなカップルですが、仲良くなってね。今日からよろしく!

img20050902.jpg
もう9月。

身体の上を走っている列車のスピードは
なぜかどんどん加速しているように思えて

乗り込んだのは各駅停車だったはずなのに
いつのまにやら特急になっているようだ

早く走る電車は 次の目的地のことしか考えずに

窓から見える風景は加速するにつれぼやけ

全ては一瞬のうちに通り過ぎてゆき

次の駅についたと思ったのもつかの間

またすぐに発車ベルの音が聞こえる


身体の上を絶えず走っているこの列車の

終着駅はどこだろう


img20050901.jpg

 かわいそうなわかいかわうそ
 かわいいうそをいいそう
 かさをさしうわさをいいかわそう
 かわうそのうそはかなわなそう
 そうわかいかわうそはかわいそう
 

↑このページのトップヘ