Denali's Room 一語一絵

旅と猫とあんことスイカを愛する絵描き、デナリこと大野舞が日々をつづっています。

2008年12月

img20081210.jpg

あああ、更新できない・・。そして風邪で声が出ない。
現在ピンチです。メールの返信など、遅れてしまっていて本当にすみません。ちゃんと全部読んでます!それにしてもこの数ヶ月で描いている量はすごい。大きいのも小さいのもカレンダーも全部入れると、多分この2ヶ月で300は描いてる。先日、ペンだこが裂けました・・・。手がボロボロで汚くて悲しい。もはや乙女の手ではない。あとちょっと、あとちょっと、って思いながらどれだけ走ってきてるだろう。
でも、楽しいの。もっともっと走りたいの。
体がついていかないのが苦しいだけ。
今必死でまいている種が、来年いろいろ芽を出すはず!
そんな花畑を思い浮かべると、またエンジンがかかる。

とりあえず、カレンダーの原画展は今週日曜日から開始です!

img20081205.jpg

相変わらずの謎の忙しさです。目の前にあるものを必死で片付けているのに、一校に減らない。あとからあとから降り積もってくる、こんな状態を村上春樹は小説の中で「文化的雪かき」と表現しておりましたが、私のはきっとそんな高尚なものではなくて、なんだろうなあ、と思ってたんですが、これは「ぷよぷよ」(既に古いのか??)を一人で遊んでいる感じに似ている!!落ちてくるぷよを消しながら、たまに頑張って5連鎖とかしてあとちょっとで消えるってとこまで行くんだけど、そこでまた「おじゃまぷよ」がどーんと落ちてくるんです・・・。低レベルすぎる例えですみません。

そんな日々ながら、前々から楽しみにしていた予定だったので、時間をやりくりこねくりしてワタクシ先日人生で初めての「船釣り」を茅ヶ崎でやってまいりました。ものすごい体験だった・・。今日はそんな事を長々と書きたいと思います。
そもそも集合時間が午前3時で、私は前日12時まで飲みの席におり、あれやこれや用意していたらあっという間に2時過ぎになって、ほぼ一睡も出来ず。寝てない、飲みの次の日、寒い、更に初の船釣りってところで、不安要素がいっぱいです。それでも茅ヶ崎について船「まごうの丸」が出航して、こんな美しい朝焼けを船の中から写真に撮っている時はまだ余裕がある証拠でした・・。
続きを読む

img20081201.jpg

もう12月!師走!2008年も終わり!信じられない!
一端去ったと思われた波が、またやってきました・・。
今日も、朝の8時から今まで(22時)ほぼぶっつづけでPCの前にすわり、ご飯を食べる時間(それも朝昼晩全部合わせても1時間ないくらい)以外は一瞬も休まずに仕事をしたのに、何故まだこんなにやることがあるんだろう・・。タマネギの皮みたいに剥いても剥いても先が見えません。

と、こんな忙しい時にこそ言いたくなる、すんごいどうでもいい話。

続きを読む

↑このページのトップヘ