Denali's Room 一語一絵

旅と猫とあんことスイカを愛する絵描き、デナリが日々をつづっています。 twitterではMaiDenaliでつぶやいています。

2013年08月

「下北沢について」のおしらせ!

下北沢について
お知らせです。下北沢の素敵すぎる本屋さんB&Bから刊行、よしもとばななさんの「下北沢について」8月31日に発売になります。下北沢でしか読めない特別な物語。関係者も全員そのあたり在住という、筋金入り?の下北沢冊子です。私も表紙や中のカットなど、絵を描かせていただきました。
ますます盛り上がりそうな下北沢!
ぜひ遊びにきてくださいませ。

詳細はB&Bのニュースでも紹介されています。
下北沢経済新聞にも!

魔法の庭

写真

おばあちゃんが愛をこめてる実家の庭は魔法の庭で、元気がなくなった植物もここに連れてくると嘘みたいに息を吹き返す。里帰り中に弱ってしまった無花果、この庭に連れてきたら次の日にはもう葉がキラキラしだした。この庭にはいろいろな植物が暮らしているし、みんなここにいられることが嬉しそう。
毎年毎年ブドウも、みかんも、梅も、キウイも、ブルーベリーも、山椒の実もなる。夕ご飯のためにハーブやシソが必要になると、「ちょっと待っててね」とおばあちゃんは庭に出て、それらをひょいととってくる。
全部、無農薬。とれたては全部フレッシュな愛の味がする。虫も鳥もこの庭でとれるものが大好きだから、みかんなんか毎年鳥と先を争って取りあってる気がする。笑

10年くらい前に私が沖縄で買ってきたお土産のクワズイモの苗、それは本当にTHEおみやげ、という感じの、悪く言えばちゃっちい感じの全長10センチもないような小さな苗だった。それでも健康や幸せのお守りになる植物だというから買ってきた。私はそれをおばあちゃんにあげて、そして先日こう言われるまでそのことは忘れていた。「これ、あの時もらったクワズイモよ」って。一瞬なんのことだか分からなかった、だって目の前にあったのは縦にも横にも1メートル以上にもわっさわっさと成長してたくさん株分けまでされて元気いっぱいのクワズイモだったから。あんなちっぽけなクワズイモがおばあちゃんの手にかかるとこんなになるんだ!と心底驚いた。これが母、ゆりこだったら、間違いなく次の年までに枯れてると思います。(笑)

小さい頃からいつもこの庭は四次元ポケットみたいに私には思えて、本当はそんなことはないんだけれど、あらゆる種類の植物が植わっているように思えるのです。

庭は草原や野原とは違う。人が関わっていないものを庭とは呼ばない。庭を愛して、手入れをする人の気持ちがあってこそ魔法がかかる。愛の強さが魔法の強さ、小さい頃から豊かに変わらず植物を育んできたこの魔法の強さはどれほどだろう。ここは最初おじいちゃんの庭だった。おじいちゃんがいなくなってしまって、そのあとをおばあちゃんが引き継いで、魔法をかけ続けている。

今回帰省している間に、2ヶ月前に収穫された梅が、干されて梅干しになった。できたての梅干しはまだ「くだもの」って感じで甘酸っぱくて本当に美味しい。シソは自家製の山椒と一緒に佃煮になったり、乾燥させて砕いてゆかりになったりした。「梅は本当に捨てるところがないのよ」とおばあちゃんは言った。できたてのゆかりで作ってもらったおむすびはこの世のものとは思えない美味しさ。それからシソジュースも作られた。葉っぱをぐつぐつ煮て、お酢を入れると茶色だったのがフワーーーーッと鮮やかに透き通った赤色になるのはまさに魔法がかかる瞬間を見た感じだった。シソジュースは水で割ってもソーダで割っても美味しいし、たくさんできたので一部は寒天で固められてシソゼリーになった。

自分の家の庭でとれたものを食べられることってどれほど安心で幸福なことだろう。

夕暮れにこの庭を見つめているとキラキラ光がさして、あちこちの葉っぱの陰からおばあちゃんの手伝いをしている妖精たちが、あっちこっちから顔を除かせるように思える。
この庭はこれから先もずっとここにないといけないと強く思った。
これから先も引き継がれてずっとずっと。
そうじゃないと妖精たちが住むところがなくなってしまうから。
もっとちゃんとおばあちゃんに魔法を教わらなくっちゃ。
写真-1



男子育休ノススメ

florence

現代における仕事と育児の両立の問題というのはいろいろありますが、今回は私が「男性の育休取得」について思ったこと。専門家じゃないからデータとか細かいことわからないのですが、私自身これまでは知識としてしか理解していなかったことを体験した、という話。続きを読む

8月のカード。

画像1

2013年のデナリカレンダー「タロットめくり」もあっという間に8月になりました。
8月のカードは大アルカナのSTRENGTH。

内なる獅子。

強さとは、ねじ伏せる力ではなく、気高く優しく在る勇気のこと。

そしてもう次のカレンダーの季節がやってきた。これまでより時間を捻出するのに苦労しそうですが、来年ももちろん!制作したいと思っています。思えばこのタロットカレンダーはひどいつわりと戦いながらで相当辛かったけれど、動けなかった分時間はあった。

カレンダー作りをしていると、1年があっという間です。

引っ越し。

画像1

先日、引っ越しをしました。
引っ越しは赤子連れだと、身動きがとりにくいので本当に一大事です。
といっても実は歩けるくらいの近所に移動しただけなのですが・・・。
この街が、好きなので。続きを読む
デナリカレンダー2017
Denali's Calendar 2017
「デナリのマンダーランド」
ご注文受付開始!

詳細はこちらでごらんください。
スピリチュアルかあさん
日本の神託カード
「日本の神様カード」第2弾、
「日本の神託カード」発売中!

ご興味ある方はこちら
記事検索
月別アーカイブ
コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ