Denali's Room 一語一絵

旅と猫とあんことスイカを愛する絵描き、デナリが日々をつづっています。 twitterではMaiDenaliでつぶやいています。

2016年10月

Denali's Calendar 2017 「デナリのマンダーランド」

cover2017

お待たせしました!
来年のデナリカレンダー、本日よりお申し込み受付開始します。

今年は2人育児となってはじめてのカレンダーで、いつになく余裕がなくなってしまいましたが、たくさんのサポートを得てこうして作ることが出来ました。感謝。

13冊目となる2017年のテーマは「曼荼羅(マンダラ)」。
塗り絵なども最近は人気のマンダラ。マンダラは、意識を拡大してくれるといいます。

ちょっとへんてこなマンダラ満載の、デナリのマンダーランドをのぞいてみませんか。

お届けは11月中旬となりますので、今すぐお申し込み頂いてもお届けはまだ先となりますが(例年完成が遅くてごめんなさい...)お申し込み頂いた順に、準備完了し次第発送を開始します。

たくさんのお申し込み。お待ちしております!

詳細・お申し込みは、こちらから。



おやさいクレヨンプロジェクト

maiohno
青森で開催された「100人のおやさいクレヨン画プロジェクト」が無事終了し、参加作家さんたちのレプリカポスターが購入できるようになりました^^)

お野菜ベースの色、とっても優しい。
私の絵も、小松菜や、長芋や、りんごや、ごぼうで描かれていますよ〜。

これまで個展をし、原画やポストカードの販売はしてきたりしたものの、「レプリカ作品」の販売は意外とはじめてだったりして。高画質の印刷だそうなので、きっと原画とあまり変わらないのではないかと。

大野舞「イロの伝言」お部屋にいかがですか!

売上金の一部はあしなが育英会に寄付されます。

詳細・購入はこちらから。

宜しければごらんくださいね。

「下北沢について」

下北沢

吉本ばななさんの「下北沢について」(幻冬舎)が9月23日発売になりました。
表紙を描かせて頂きました。

今はもう私は下北沢に住んではいません。
でも、目をとじれば、いつでもあの街に戻ることができます。

下北沢に一人で越してきた時の自分からみたら、遠い未来、神戸で2人子育てしてるなんて、天地がひっくりかえっても想像できませんでした。人生で一番いろいろなことがあった時代を過ごした街、下北沢。街とは単に「家がある場所」ではないんだと、有機的に「街と関わる」というのはこういうことなんだ、と気づかせてくれた場所。

そもそも私が駒沢大学から下北沢に引っ越してくる、背中をおして下さったのがばななさん。そのばななさんからお話を頂いて、「やります!」と飛び上がったのが昨日のことのようです。ネットでなんでも買える世の中、下北沢でしか買えない、というのが大事だ、と話し合って、本屋さんのB&Bから発行されるムック版の「下北沢について」の連載の絵を描かせて頂くことになったのが約3年前。チーム「下北沢について」で10冊が作られて、それがひとつの形になったものが今度は世界中で買えるものとなり、今神戸で手にとっている不思議。

下北沢は今も私にとって人生で一番特別な街。
この本は人生で一番特別な本かもしれません。

ばななさんの言葉は、道に迷うたびに
明るすぎない、暗すぎない、確かな光となって寄り添ってくれます。
自分がいる場所が、家が、駅前の景色が、昨日と同じはずなのにちょっと変わって見えるようになる、いつものお店の人と、いつもはしゃべらないけどちょっと話したくなる、そんな本だと思います。

あの場所で過ごした奇跡のような時間は今でも私の宝物です。
この物語に関われたことを心から幸せに思います。
デナリカレンダー2017
Denali's Calendar 2017
「デナリのマンダーランド」
ご注文受付開始!

詳細はこちらでごらんください。
スピリチュアルかあさん
日本の神託カード
「日本の神様カード」第2弾、
「日本の神託カード」発売中!

ご興味ある方はこちら
記事検索
月別アーカイブ
コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ