kabuki

シアターコクーンにて現在上演中の「佐倉義民伝」を観ました。所謂「コクーン歌舞伎」というやつです
最近歌舞伎をちょっとずつ観るようになり、本当にまだまだ入り口の入り口ぐらいですが、その奥深さと世界の広がりに魅せられています。とは言え私が観た事があるのはずっと昔に「土蜘蛛」、今年に入ってから海老蔵の「伊達の十役」、あとは猿之助の「四谷怪談忠臣蔵」。どちらも新橋演舞場だったので、歌舞伎座には足を踏み入れないまま一旦クローズされてしまい、歌舞伎が好きと名乗るのもおこがましいビギナーぶり。

でも、面白いです。
面白くなかったら、そもそもこんなに長い間受け継がれて上演され続けないだろう。

「佐倉義民伝」、所謂正統派の歌舞伎ではないので、普段普通にお芝居を観にいくような感覚でいったら、すっかりやられてしまった。コクーンの前半分の座席は全部取られてお座敷になっていて座布団がしいてあり、すっかりお尻が痛くなったけれど雰囲気があった。

エレキギターの演奏あり、ラップあり、ダンスあり、なんて書くと邪道に思えるけれど、紛れもなくそれは歌舞伎でありました。スーパー歌舞伎って言うのともまた違うんだと思う。演出家の「ああ、この人はこれを本当に伝えたかったんだなあ」という想いに満ちていて、笑ったり泣いたりしました。
そもそも、歌舞伎は一般市民の娯楽で、気軽に楽しむべきものであったはずで、私自身がずっとそう思っていたように、格式も敷居も値段も高いし、設定も複雑で難しいから無理無理、みたいなものではなかったはず。
その当時の暮らしや、些細な日常の物事や、自分たちが日々何を考えて生きているかを、文字にして残すすべを持たなかった人たちが祈るように託した何かがそこにはあって、それは今でも生きているんだなあと思いました。
ともかくコクーン歌舞伎は「歌舞伎はこうでなくてはならない」みたいな制限が取り払われて、古いものと現代が上手い具合に混ざっていて、とても自由な舞台だった。伝統的な世界だけに、あの演出をするには勇気がいると思う。おすすめです。佐倉に住む人には特に!(笑)

歌舞伎THE初心者の私で、何にもわかっておりませんが、少なくともこうして新しく「好きになれるもの」に出会えたことは嬉しい。これからも積極的に観にいきたいと思います。いつかは、着物なんて着たりして・・。(形から入るタイプか?)関西にすんでいて普段は会えない父方のおばあちゃんは、歌舞伎の生き字引みたいな人で、良い席が取れた時だけ上京してくる。かっこいい人。もっと早く、いろいろ教わればよかったと思うけど。

ぜんぶ、これから。

何かを好きになるのに、遅すぎることなんてない。
何かを始めるのに、遅すぎることなんてない。

好きになるものに出会うこと、始めたいと思うことに出会うことの方が
よっぽど
よっぽど
難しいのだ。