実家では、おばあちゃんが毎年庭で取れる梅で、パーフェクトな梅干とパーフェクトな梅酒を作ってくれるので、自分では今までやらなかったのですが、今年はなんだか世の中にもそんなムードが高まっているせいか、自分でも梅酒を作ってみるべと思い立ちました。思い立ったら即実行。

IMG_1562

青梅!この時点でほんと、いい香り~。


IMG_1564


青梅1キロ、水に6時間くらいつけてアクを抜いてから、
つまようじでくるりんと、芯の部分を1つ1つ取り除きました。

IMG_1565

1つ1つ丁寧にふきながら、完全に乾かすのがコツだそうです。

IMG_1567

氷砂糖と交互に、密閉できるガラスのビンに入れました。
今回ひそかにこだわったのが、ふたのところがプラスチックの
よく売っているビンを使わないぞ!ということ。ふたも同じ素材で、
金具でつながっているちょっとレトロなビンを探しました。
だってそっちの方が雰囲気ある気がして!(形から入るタイプだ・・・)

IMG_1568

最後にホワイトリカー1.8リットルをゆっくりと注ぎいれました。

これだけ!芯のところをほじくるのは時間かかるけど、こんな簡単なステップで、3ヵ月後には自家製梅酒が~。楽しみです。


IMG_1570

分からなくならないように日付を入れたラベルを貼りました。
梅酒は、ホットでもアイスでもソーダ割りでも、ゼリーにしたりしても美味しい優秀な子。冬頃に我が家に遊びにきた人は、是非出来立て自家製梅酒をご賞味下さい♪

他の果物でも出来るので、成功したらいろいろやってみようと思う。