ウブドからチャンティダサに移動し、高級感あるリゾートホテルにきています。ここはバリ島というよりも別世界。ゲストは完全に王様。でも普段こんなところには来ないし、人に仕えられる事に慣れてないうちの家族はわたし含めて挙動不審になりがちです。。。頑張って働いてきた両親はもちろんこの時間に値しますが、私は便乗してくっついてきているただの付録であります。無限に補充されるフルーツ、水からあがったとたんに差し出されるタオル、送迎時の冷えたシャンパン、常に誰かがこちらを伺っている感じ、このホスピタリティをふんぞりかえって味わえるほどの威厳がないため、常に緊張しながらサービスされてる庶民たち。。!こんなメンバーのこんな旅行は最初で最後かもしれないから、この旅のぎこちない楽園の夢みたいな感じをずっとこれからも思い出すと思う。とにかくこのプールは最高だ。いくらでももぐっていられる。 でもエステをしていてもニワトリがひたすら鳴いているところや、プールに入ってたらコブラが出たり巨大なトカゲがいきなり水に入ってきてプールのなかを縦横無尽に泳ぎだしたりするところは、やっぱり、バリ。