DSCF8139
【ぶどうの森】(岩手県)
だーれもいなくて、空がどこまでも透き通ってて、静寂そのものみたいな、違う世界に行ったみたいな素晴らしいところだったな。お気に入りの写真。

おしらせをひとつ。
2006年に一緒に船に乗って世界一周した仲間たち、頼もしいピースボートの人たちが既に被災地で炊き出しなどの支援活動に関わっています。私も、自分の出来ることのすくなさに葛藤を覚える日々ですが、せめて告知を。

「災害地派遣の一般ボランティア大募集」
http://www.peaceboat.org/info/news/2011/110321.html

今あらゆるところで寄付金が集められ、助けも必要ととされ、でも、逆にあまりにタッチポイントがありすぎてどうしたらいいのか分からない、ということがあると思います。寄付にしても自分が託したものがどうなるのか謎。赤十字とか大きな規模だと巨大すぎて曖昧になりそうだし、でも規模が小さ過ぎてもちゃんと届くのか心配。被災地の助けになりたくても、単身乗り込んでいいのか分からない。

だから今一番求められてるのは「まとめて、しきれる」存在だと思います。こういうとき常に最前線で活動してきたPBの仲間たちは本当に頼もしい。阪神大震災以来、被災地にボランティアを派遣してきたプロフェッショナルたちです。培ってきた経験とノウハウがあるので、組織的に的確な動きが出来ると思います。

今も一緒に船に乗った友達が石巻で炊き出しをしています。皆、現地の負担にならぬよう、もちろん寝袋もテントも水も食料も各自で持参しています。50人規模のチームが1週間交代で支援を続ける体制をとりつつあるので、ボランティアはいくらでも必要な状態だそうです。(2011年3月30日現在。)説明会もたくさん開催されます。

もっと何か出来ないだろうか、と思っている人、実際に現地に行きたい、と思っている人、是非、上記サイトをご覧下さい。

*PBスタッフ&ライターの高橋真樹さんのブログ。説明会の様子など見られます。

*過去にウェブリポーターとして乗船していた方々がPBの支援の現地の様子をまとめたレポート。写真が、あらためて、すごいです。