スピリチュアル母さん

12月からベールに包んできたものを、腹くくって告知します!

2012年2月は私にとって忘れられない月になりそうです!
はじめて自分の名前で本を出させて頂くことになりました。

文章ではなく、「コミックエッセイ」というジャンルです。メディアファクトリーさんから。その名も「スピリチュアル母さん」です。いろいろな縁、めぐり合わせのおかげさまで、なぜかこのような事になりました。絵の仕事は10年くらいしていますが、漫画は初めての経験。今日に至るまでいろいろな事があって、自分の名前で自分と家族が出ている恥ずかしい内容(だいたい実話)のため、いざ告知しようとすると、とても嬉しいはずなのに妙な緊張感が増して筆が(キーボードが?)止まってしまい、書けない日が続いていました・・。
そうこうしているうちに発売してしまったので、全面的に告知します。

うちの愉快なスピリチュアル母さん、「日本の神様カード」を一緒に作ったりしている、大野百合子と私との日常を綴っています。我ながらすごく変なマンガですが、愛だけはたっぷりこめて、ギャグマンガだけど、伝えたいことは全力で描きました。実は結構身近にある、スピリチュアルな世界のことが、少しでも伝われば幸いです。

漫画は読むのが大好きなだけで、描くのは小学生のとき以来(前述の「肉まん物語」が伏線だったわけではないですが。)で、コマ割りもトーン張りもちゃんとできてないし、絵柄も普段描いているアクリル画の絵とは違うので、カレンダーだけで私を知っている方などは、あれっ?と思われるかもしれません。が、twitterなどで私の変な夢やオタクっぷりやサザエさんっぷりをご存知の方は、ああ、これはこういう遺伝の力?だったのか、とわかって頂ける内容なのではないかと思います。描いている間はずっと、違う次元の違う自分をチャネリングして描かせていたような気分でした。D4Cを使えなくても(スタンドのいる世界の話)人間にはいろいろな側面があるものです。

帯を書いてくださったのは、公私共にお世話になっている、よしもとばななさん。普段から私と母を知っている大好きなばななさんに一番最初にこのマンガを読んでいただけたこと、、帯だけでなく、涙が出るほど嬉しい文章まで書いて下さって(本の最後に載っています!)いくら感謝しても、しきれません。その部分を読むだけで、大変だった部分も全部飛びます。ありがとうございます。

それから、友達の森口理沙子と伊東愛さんが、今回このマンガを描くためにアシスタントをしてくれました。とくに理沙子にいたっては12月、ほぼ毎日うちに来て朝から晩までトーンを張ったりベタを塗ったりしてくれて、ごはんも運んでくれて、彼女なしにはこのマンガの完成はありえませんでした。12月本当に参ってしまって、日常生活がままならなくなった中、支えて手伝ってくれた友達たち、そしてこの本の出版のためにご尽力くださったすべてのみなさまに感謝です。
それにしてもまさか自分が日常の中でこんなに「ベタ」とか「トーン」とか「ペン入れ」とか言う日々がくるとは思ってもみなかった・・・人生不思議です。周りに迷惑をかけてしまったり反省点も数おおくあれど、勉強になり、自分が自分の作品にどう接していくかということを学んだ、大切なことを学ばせてもらった時間でもありました。

とにかく世に出るからには、もうできるだけ、たくさんの人に読んでもらえたらいいなと思っています。
2月3日より全国書店にて発売となります!!
「スピリチュアルかあさん  見えない何かと仲良しな日々♪ 」
(メディアファクトリー) 定価998円


メディアファクトリーさんのコミックエッセイ劇場で、ためし読みもできます。

スピリチュアル母さん百合子よ、羽ばたいて~!!
これから何がおきるのか、楽しみです。何もおきなくても、楽しいです。

スピリチュアル母さんPOP