migo
いきなりですが、ご報告です。

子どもを授かることとなりました。
現在妊娠6ヶ月です。

このブログにそんなことを書く日がこようとは・・・という感慨深い気持ちです。
はじめてのことであれこれ不安だらけで、迷いましたが、結婚したときと同様、どっちにしろ10年にもわたって私の個人的なことばっかりをずっと綴ってきた場所。それに今私を肉体的にも精神的にもこんなに振り回している事実をさけてはもはや日記なぞかけん!と思ったので、ご報告にいたりました。

気がついたのは昨年9月くらいのこと。そして、あの怒涛の日々が・・・。9~12月の頭まで、個展の疲れと風邪とつわりと三拍子そろって、ほとんど起き上がれない状態に。つわりは実際私よりももっとひどい方もたくさんいると思うんですが、比較できるわけじゃないし辛いことには変わりなかったです。24時間船酔いしてるような気分で、全てに対するやる気が削がれて、電車にも乗れなくなり、地元からほとんど出ず、あらゆる家事を放棄して、海外ドラマの「華麗なる遺産」と「デスパレートな妻たち」だけを生きがいに(笑)ひたすら虚ろに横たわっているというダメな日々でありました。

にもかかわらず、胃がからっぽだと更に気持悪くて、あれは食べづわりというものだったのでしょうか・・・。ゼリー飲料をあんなに飲んだ日々は人生になかった。コンビニってすばらしいです。あとは経験した方がよく言うように、なぜかジャンクフード的なものが食べたくなったりしました。ペヤングのカップ焼きそば→サラダ巻き寿司→マックのポテトにケンタッキーというさまざまなブーム到来。ティッチャイのソムタムにも助けられました。普段買わないスナック菓子を一袋食べてしまったり、気持ち悪くて吐きそう、という状態であるにもかかわらず、なぜか白いごはんに味噌汁がダメで、カルボナーラは食べられる、というような自ら説明のつかない状態が続き、謎!

身体の中の胎児を最初は母体側も「異物」として認識し、免疫機能が抵抗するんだけれど排出できないから、つわりが起きるというような話も聞きましたが、これまでの人生では経験したことのない状態に翻弄される日々、うしくんにもだいぶ迷惑をかけてしまいました。でも家事も料理も頑張ってくれて、ありがとう。ご近所さまのあったかい助けもあり、とにかく周りの人への感謝をかみしめました。

まさにその時期にカレンダーを作っていたので(しかもいつもより枚数が多い)思い出してもどうやってやってたんだろう、と思います。起き上がっていられる少しの時間にばっと起きて全力疾走して、バタッと倒れる、のくりかえし。つわりを脱出して元気が湧いてきたときには世界が輝いて見えました。そうなってくるともう辛かったことの記憶はどんどん薄れて、あれ何が大変だったんだっけ、と忘れていくというしくみ。全く、うまくできています。出産も、同じなのかな?

9月にあれ、と思ったとき、検査薬を使ったり病院に行く前に「あ、こりゃ今までにないことが起きてる」ということが体の感覚でわかりました。だから結果がわかっても「やっぱり」と思っただけでした。人間はちゃんとそういうことが何に確かめなくてもわかるようにできているんだと思います。体は頭で思っているよりだいぶたくさんのことを知っています。
8週過ぎてもまだ心拍が確認できなくて、1週間様子をみましょう、ということになり、そのまま心拍がない可能性もあるということで、その1週間2人して不安な気持ちの中で一生懸命「心臓動け~」と話しかけたり念を送ったりしてみました。そうしたら1週間後、エコー画面でちゃんと力強く心臓が動いていて、それだけでなんだか泣けてしまいました。「動け~」と話しかけ続けたどこかの瞬間で、一人の人間の命が始まったんだなあ、と思ったら。

今は安定期に入り、腹が出てきて体重も徐々に増え、年末から胎動もはじまって、自分の中に確かに何かがいる、という奇妙な共同生活を実感しています。別の人格が自分の内側から蹴ったり回ったりしている、説明のつかない感覚・・・。これまでに経験談を聞くたびにそれってどういう感じなんだろう、と想像してみたりしたのですが、いざ自分がやってみるととにかく変な感じ、としか言いようがありません。

そして今はひたすらに無限の睡眠欲と戦ってます・・・寝ても寝ても眠いし外に出かけても眠いし、いろいろ支障をきたすので困ります。寝たら寝たで腰痛がひどいんですが。つわりの時も思いましたが、この状態で普通に会社にいって働いている女性が多いのだと思うと、心底尊敬します。

このまま順調にいけば初夏には3人ユニットになっている予定です。
そこから先、どんな世界が広がっているのか、今はまだ想像もつきません。
けれど、そんな未知の日々が、今はとても楽しみです。
私たちのところに来てくれた、新しい魂に、宇宙の奇跡に、ありがとう。
会える日をドキドキとともに待ちわびます。

ところで妊婦になると巨乳になると聞くし雑誌にもそう書いてあるし、私は人生で体験したことのない胸元を夢みて「ある朝目覚めたら巨乳になっている自分を発見した」というカフカ的目覚めを心待ちにしているんですが、今のところ全く変化がありません・・・むしろ腹が出てきた分相対的に後退しています。聞くところによるとほとんど変化がない人もいる上に、授乳後にはさらに減るとか。待っておくれよ!一度くらい夢を見させておくれよ!

・・・まだ折り返し地点なので、希望を捨てずにいようと思います。