03月

もう3月。これは今年のカレンダー「タロットめくり」の3月の絵柄です。3月を象徴するタロットは「女帝(The Empress) 」。伝統のタロットでも女帝は妊婦として描かれることが多いです。生み出し創造する女神、それが3月という花が咲き、植物が芽生える季節の象徴でもあるのです。

冬が終わり春がやってきて、新しい何かが始まるわくわくの季節。
しかし実際の妊婦である私と言えば、もう2月から完全なるひきこもり、花粉がひどくなってきた今はますます外に出たくなくなり、化粧もしない日々が続いているダメ妊婦であります。
家計簿をつけているのですが、2月からの交通費や交際費や飲み会の費用などほぼゼロ!そのかわり、電気代ガス代水道代がすごいことになっており、節約しているのやらしていないのやら。

8ヶ月に入った今はまだ普通に動けるというのもあって仕事も詰め込んでしまって、家から出たくても出られないというのが実情です。ブログの更新が滞るのもまだしばらく続きそうです。4月からはちょっとのんびりしたいなあと思っているのですが・・・

睡眠欲と食欲には相変わらずふりまわされ、腰痛、便秘など、定番のマイナートラブルにはもれなく悩まされています。だいぶ腹がふくれてきて、元の体重から6キロ増えました。全然妊婦らしいこともできてなければ情報収集も積極的にやってなくて、ひたすらに食べたいものを食べて動けるときに仕事をして眠くなると寝る、の繰り返しなので、たまに気まぐれに妊婦系雑誌などを読むと愕然としてしまう。「え、みんな本当にこんな素敵げな妊婦ライフを送っているのか?」と・・・。自分のだめさに落ち込んでしまうのです。

ヨガとかなんにもしてない。刺激物とか生ものもあんまり気にせず食べてる。つわりのときにはまってしまったジャンクフードもブームが去らずたべまくり。コーヒーもちょっとならいいかと普通に飲んでる。マタニティウエアなどは今だけだしなと思うとあまり散財する気になれず、同じゆるゆるのパンツをず~っとはきまわし。雑誌を見てるとみんなおしゃれを楽しんでいる模様だし、妊娠中にしたことの第1位に「赤ちゃんのグッズをてづくり」とかあって、くつしたの編み図がついてたりする・・・。むむむ。付録の「赤ちゃんと聴こうCD」なるものをかけてみたものの耐え切れなくなって1分で消してしまった。童謡よりレキシの3枚目のアルバム、レキミを聴かせたい。

という相変わらずのヘナチョコっぷりですが、最近はひらきなおってきました。ネットを見すぎるとすぐ怖くなるけれど、必要なことはきっと体が教えてくれる。確かなのはどんどん新しい人格が育っているということだけ。その力強い動きを感じるとき、別にクラシックなんて聴かせなくてもいいやと思えるし、こうしてがむしゃらに働いて寝不足になったりしてることも、きっと分かってくれるだろう。
胎動が、ちょっと前までは「ポコンポコン」という感じだったのですが、最近は「ドッカンメリメリ!」みたいになってきて、「うおっ」と声が出てしまうほどです。風呂上りなどに裸の腹を眺めていると、モコモコともぐらみたいに何かが皮膚の下でうごめいているのが目に見えて、エイリアン感満載です。うーん、人間が体の中にいるってすごい現象です。私は怖がり&痛がり&ビビリなので、本当にもう不安になりはじめるとキリがなくて泣きたいくらいなのですが、きっとやりたいようにこの人が動いてくれる、と信じよう。

こんな日記も、いつの日か懐かしく思い出しながら眺める日が来るのかな。

胎動などは感じられない夫が「いいなあ、オレもニンパーになりたい」などと言っているのですが妊婦は動詞ではない・・・。そんな彼が先日、今度は私のへそを指差して「ここが赤子と繋がっているなんてすごいなあ」という衝撃のボケ発言をした。
大丈夫だろうか。