6

ネムが面白い。
四六時中、とにかくピノの真似ばかりしようとする。おねえちゃんがお菓子をもらっている、おねえちゃんがテレビを見ている、おねえちゃんが三輪車にのっている、それをじーーーーっと観察して、自分もやろうとするんだけれども、当然うまくできなかったり自分はもらえなかったりして、イーーーッと怒っている。それもまた面白いんだけど。思い通りにならないと、ピノの髪の毛をひっぱったり、たたいたりするのでよく私に怒られるのですが、ピノはこんなことしなかったなあ、と考えてすぐに、そりゃそうだ、だってピノにはやりたいことを邪魔するような存在は誰もいなかったんだから、と気がつく。
よく言われることですが、子どもの性格というのはもちろん生まれ持った魂のキャラというものはありつつ、後天的には両親の性格とか、経済環境とか、そういうものより家族構成の方が強く影響するのではないかなあと。つまりは、ひとりっこor◯人姉兄弟妹の◯番目、ということですが。きょうだいが居た方がいいとかそういう話ではなくて、単純に、目の前を歩いてる人が誰もいないのと、常に自分のすぐ前や後ろを誰かが歩いてる状態って性格形成における状況が全然違うな、そりゃ違うよなあ〜!と。同じ魂が同じ家族に生まれても、一人っ子で生まれるのと、5人兄弟の真ん中に生まれるんじゃ、コアの部分が同じであっても、きっと違う性格に育つ。上には上の、下には下の、一人には一人の、良い面もあるし、いろいろな大変さや葛藤があるし、それぞれだ。私はザ・長女という性格なので、長男長女の人と話があって仲良くなれる気がする。(夫のうしくんも長男。)

ともあれ、やいやいやってはいるけれど、基本的には妹思いのピノと自由奔放なネム、2人を眺めているのは面白いです。これからどんな姉妹になっていくのやら。

1

そんなピノですが、昨日5月25日についに4歳になりました!4歳ってだいぶおねえちゃんです。なんならもう、ネムにごはん食べさせてくれたり、育児の戦力にもなってくれます。頼もしい。口が達者なので喧嘩も多いけど。

私の子育て歴も丸4年になったわけです。あの日からもう4年。ずっしりと重くて温かいかたまりをこの手に抱いたのは、昨日のことのような気がするのに。
前日、当日と2日間にわたってお祝いしました。母はごはんは手抜きして、その分今年はケーキを頑張りました。最近めっきりプリンセスブームのピノ。初日はアリエルのケーキ。土台部分は私が作って、上のアリエルとフランダーは、ご近所のケーキ屋さんにお願いして作ってもらいました。

余談ですがどうして、女の子はプリンセスが好きなんでしょうね!?見せてなくても、どうしていつの間にかハマっているのでしょう?!私は自分が全然その道を通らなかったので(ディズニーもリカちゃんも、とにかく人間型のものには全く興味がなくて、ぬいぐるみとか生物、もしくは図鑑ばっかり好きだった。)ちなみに今なんとか、プリキュアワールドには押しとどめて入れてません、でもそれも時間の問題か。

2
土台のケーキのテーマは珊瑚礁!のつもり!でもイチゴと、青いゼリーがバッティングしてかなり毒々しい見た目に...。味は想像した感じに出来て、わりと美味しかったです。しかし、これはレアチーズケーキなのですが、ショートケーキ的なものを好むピノは見た目を喜んだ割にはほとんど食べず!子どもってやつぁ!!

あとケーキの飾りはあくまでかざりで、食べるようにできていないので、アリエルとフランダーを食べられると思って口にいれたら美味しくなかったのが悲しかったようです。ものすごーくおいしい、あまい夢みたいな味と食感の何かを想像していたんだろうなあ...。理想と現実とのギャップを知る4歳。(笑)口に入れたときのナンジャコリャ!っていう顔がなんとも面白くはありました

3

メインのお祝いは前日にやったので、2日目の当日はおまけみたいな意味合いだったのですが、米粉とバナナでホットケーキを焼いて生クリームを塗って、小さなプリンセスソフィアをデコペンで描いてみました。これもテキトーにやったわりには可愛く出来たかなと思ったけれど、こちらも間に挟んだキウイがあまり気に入らなかったらしく、数口で完了。いいんだ、別に。作りたくて作ってるんだから(T+T)しかしケーキ作りは理科の実験みたいで楽しいですね。日々の料理は全く楽しむ余裕ないけど、こういうスペシャルな時に張り切って何か作るのは燃えるものです。

4

プレゼントはソフィアが首からかけている、アバローのプリンセスエレナが閉じ込められてた魔法のペンダント。それにちなんでごはんもペンダント風に。しばづけの汁をごはんに混ぜるとちょっとピンクっぽい酢飯ができます^^)

ともあれ、本人は4歳になったことが嬉しくて仕方ない様子なので、良かった良かった。じいじ、ばあばあからもいろいろもらって、相変わらず与えられがちな4歳であります。いいなあ。笑

そしてこれから、母業も5年目。
我ながら、育児に向いていないと思う。そうは見えないと言われそうだけど、本当に向いてないのだ。だから自信もなきゃスキルも上がらないし、ブログも愚痴ばっかりだ!
それでも、向いていないからやめたい、とはならない。ピノが生まれて、ネムが生まれて今日に至るまで、この子たちが目の前にいることを感謝しなかった日はない。このメンバー、このチームでない今世は考えられない。向いてないからこそ、これは私が人生を通して一番頑張らなきゃいけないし、頑張りたいテーマなんだと思う。こんな母で申し訳ないけど、それでもやってきてくれた、2つの魂たちに感謝なのだ。

4歳おめでとう。
生まれてきてくれて、ありがとう。
これからも元気で大きくなってね!