plantman

10年くらい前、三軒茶屋から駒沢大学に引っ越しをした。私は引っ越しのたびに、何か大きめの植物を新しく買ってしまう習慣があって、その時は大きなトネリコの木をお迎えした。植物も動物と一緒で、お店にたくさん並んでいても、「私、私を連れてって」と目が合う子が必ずいて、少しだけ光ってみる。その時のトネリコもそうで、本当はもっとわさわさとした大きな葉っぱの子を探しにいったのだけど、トネリコを連れて帰った。

新しい家に、新しい植物。

それは単純に引っ越しに伴うインテリア、という意味合い以上のものがある気がする。多分私は「仲間」が欲しいのだ。全くの新しい場所での暮らしが始まる、まだ周囲に体が馴染んでいなくて期待と同時に不安も大きい、そんなストレンジャーであるのが自分だけではない、と思いたいのだと思う。
そんなわけで、その時うちにやってきて、それから10年以上、私を見守ってくれたトネリコだけれども(ちなみに神戸に引っ越す時、もっとも引っ越し業者さんの腰に悲鳴をあげさせたのはそのトネリコである。)最近ずっと元気がなかった。単純に年をとった感じというかいかにも「老木」という感雰囲気。枝がわさわさしている部分は先っぽだけで、幹の部分はカラカラとひからびて、一部剥がれ落ちてきていた。もう新しい葉も生えないし、冬の寒さも夏の暑さもこたえるようで、季節をひとつこえる度、どんどん水分が抜けていく感じだった。私のお世話の仕方が変わったわけではないので、やっぱり年をとったのだろうとおもっていた。

今の家の近くに、素敵な姉妹がやっている素敵なお花屋さんがある。お茶も飲めるし、子どもにも優しくてとても居心地がいいので、しょっちゅう行っているし、うちの植物はだいたい今はそこからきている。そこである時、トネリコの話をしてみた。これ以上どうしてあげたらいいのか、わからないことを伝えてみた。

そしたら、お花担当のお姉さんが教えてくれた。
「思い切って、ガッツリ切ってしまうのがいいと思います!」
「え?葉っぱをですか?元気なところも?」
「そうですよ~、みなさん、植物を切るのってかわいそうでできないという方も多いんですが、同じ環境にずっとあると植物も甘えてしまって、適当にこのままでいいや~ってなっちゃうんですよね。だからそこでガツンと!切ってあげると、植物もびっくりしつつわあ、頑張らなきゃ!って気づいて、喝が入るというか、急に元気になったりしますよ。その加減が難しいんですけど。」

ほーー!
目からウロコ!

剪定は、知識としては知っていたし、詳しい人からしたら常識なんだろうけれど、私にはとても思いつかなかった。だって、先っぽにしか葉っぱがないのに、その先っぽを切ってしまったらカサカサの幹だけが残った枯木みたいになってしまうではないか。

と思ったけれど、お姉さんの言葉を信じて、帰るなり、トネリコに喝を入れてみることにした!もう、切って切って切りまくった!元気な枝も、シワシワの枝も、容赦なく切って、だいたい全体の大きさが3分の1くらいになるまで、切った。

仕上がった感じは「うわーーーー…」である。

保険のために、下の方の緑の葉っぱを少しは残したけれど、それ以外にはただ、ちまっとしょぼしょぼとした枯れ木になった。

切りすぎたかな…。

傍らに積み上がった元気な枝の山を見て、罪悪感に包まれた。やっぱり私のような素人が、独断で切りまくって良かったとは思えない…。しかしもう遅い。切りすぎた前髪は、またすぐのびる。でも植物はそう簡単にはいかない。

とにかくそのまま様子を見ることにした。おねえさんがもうひとつ教えてくれたのが「米のとぎ汁」をお水の代わりにあげること。市販の液体肥料より臭うし、虫もわきやすくなるけれど、長期的にはそっちの方が圧倒的に土が元気になるから、と。市販の活性剤は、その場しのぎにしかならない、栄養ドリンクみたいなものなんだって。深いなあ。
ということで、米を炊くたびにとぎ汁をトネリコの土にも撒いたりしていた。

そして、2週間ほど経った頃。

枯木のトネリコをに目をやって、びっくり。

IMG_4280


小さな芽が!!!
芽がでているではないか!!

カラカラの枝のところから、いくつも、赤ちゃんの芽が顔を出していた。
「どうもどうも」という顔で。

私は、本気で感動した。

剪定の効果にも半信半疑だったし、切りすぎたと思ったし、なにしろ地植えでない鉢植えの老木だから、今更ダメなんだろうと。

植物ってすごい!!生命力ってすごい!!!

命の強さにおののくほどの感銘を受け、またお花屋さんのお姉さんにも感謝した。プロだ。

そんなわけで高齢出産?となったトネリコですが、そのあともどんどん小さな芽が切ったところからでてきて、今も日々太陽を浴びてぐいぐい育っている。

植物に接していると日々学ぶことがたくさんある。ほんのちょっと、水やりの量やタイミングを間違えただけで、ほんのちょっと、置く場所を変えただけで。元気だったものがあっという間に枯れてしまうことだってある。

子どもやペットと会話するように、緑の声を聴くことってとっても大事だな。

先日暑すぎて全部茶色になって、枯れちゃったなーとおもったウォーターマッシュルームも、捨てようと思って一瞬思いとどまり、「もしかして」と思って根っこだけ水につけていたら、またそこから緑の葉っぱがでてきた。まだまだ生きられるのに、「こりゃもうダメだ」って簡単に判断するほどおそろしいことはないな。

命の繊細な強さ。

「おなじ環境にずっとおかれていると、現状維持でいいやってなって頑張らなくなる」

人間も植物も同じかもしれないなあ。

一緒に暮らしてくれて、日々元気をくれるグリーンたちに感謝。

ちなみにそのお花屋さんで、神戸に越してきた記念に買ったのがこれまた大きなフィカスウンベラータ。ピノが名前をつけて、我が家では「おおきさん」と呼ばれている。

緑たち、今日もありがとう。