0hh81u9a.JPGを、見に行きました。映画を前に見ていて、それはとても好きだったので前から楽しみにしていた。結論は、とてもよかったです。芝居を見に行ったというより、本当にHEDWIGのコンサートに行った、という印象。観客が立って踊っているという普通の芝居じゃ考えられない状況。三上博史の大迫力の演技、ほっそい足、引き締まった腰、淫靡でエネルギッシュ。見て思ったのは、私は映画を最初に見てしまったから「映画作品の舞台化」という視点でどうしても見てしまったけれど、もともとはオフブロードウェイの作品で、これはやっぱり「舞台」のための物語だったんだな、という事でした。
映画には、映画にしか出来ない表現方法がある。アニメーションに切り替えたり、カラオケになっていたり、場所を変えるのも、過去に遡るのも、自由。けれど、HEDWIGのあの「笑ってでもいないと泣いちゃうじゃないの」というほどの人生、それを観客に伝えられるのは舞台。2時間ひたすら彼女の語りと回想と歌のみ。場面も変わらない。登場人物もバンドメンバーのみ。でも、何より響いてくる。歌、いいなあ。中でも「愛の起源」が好きです。人はみんな自分のカタワレを探しているのです。