4hjiygj7.JPG私が東京で惹かれるもののひとつ、ビルの上のクレーン。高いところからみると、いろんな工事中のビルの上に赤と白のクレーンが乗っていて、高い位置にあるちょっとした森みたいに、たくさん見える。

最初は地面にあるクレーン。
仕事をすればするほど、どんどん高くのぼって気づけばまわりには何もいない。
頑張れば頑張るほど孤独になっていくなんて、なんて悲しいんだろう。その悲しさが、とてもいとしい感じ。クレーンの足元に、未来が出来ていくのです。
見ていると、そういうひとりぼっちになったクレーンたちがお互い会話をしているように見える。
「どうですか、そちらさんは」
「ぼちぼち完成ですかねえ。今日はいい天気だなあ」