r0h1ubtr.JPGそこに自由が見えていながら、薄い壁に隔てられて出て行く事が出来ない気持ちはどんなだろう。
求めているものは全てあるのに自分には手の届かないものだとしたら。
びんの中にどんどん涙がたまって
きっとそこにもう1つ海ができる。