img20050222.jpg「5分の遅刻は1時間の遅刻より悪い」
という事を最近よく考えます。私もよくしてしまうので、自戒の意味をこめて。

「なんとなく」1時間遅刻するというのはあんまりないことです。例えば寝坊したり、来る途中にトラブルがあったり、1時間ともなると不可抗力的要因がからんでたりします。

でも、5分や10分というのは意識の仕方でなんとでもなるはずの時間なのです。なんとでもなるのに、そこで遅れてしまうということは明らかに「○○だったらちょっとくらい遅れてもいいか」という自分や相手に対する甘えが生じています。

ゆえに、5分の遅刻は1時間の遅刻よりタチが悪い。なにしろ自分の時間だけならともかく、”意識的に”相手の時間まで勝手に奪っていることになります。考えなおさねば。
いつでも忙しがっている人に限って、時間をちゃんと大切にしていなかったりするものです。

ちゃんと時間とお付き合いできる人になりたいな。うまくいえないけど、それが出来る人は「モモ」に出てくる時間泥棒にも騙されない気がするのです。