img20050520.jpg
旅行がなぜ好きかというと
「終わりがはっきり見える」からだと思います。
あと何日ここにいて、何日には家に帰って、というのがはっきりしていると
一日一日をとても有意義に過ごそうという気持ちが沸いてきて
終わりが見える時間の中で  密度の高い時間が過ごせる気がします。
3日しかなかったら3日で出来ることを、1週間だったら1週間で出来ることを。
毎日毎日今日は何をしようかと 考えぬく。
けれどもしそれが10年間続く旅行だったとしたら
私は3日の旅行と同じ気持ちで今日1日を頑張れるだろうか

「終わることがはっきりしている」という点で
1週間の夏休みも80年の人生も全く等しいはずなのに
想像力が追いつかなくて 今を大切に出来なかったりする。

どこまで先の「終わり」だったらリアルに想像できるのか。
そして今この瞬間に行動に移せるのか。
「いつか」なんて思えなくなるのは 
終わりがどこまで迫ってきたときだろう。

「この1年あなたは何をしていましたか?」
と聞かれ 答えに詰まるような時間は過ごしたくはないのに。