hyoushi.jpg

「楽しく学ぼうハンガリー語」(著:近藤正憲)

チェコ雑誌「ツックル」を通して、ハンガリー語の本の挿絵のお仕事を頂いたのですが、その本が完成しました!なんだか、東欧に縁を感じます。ハンガリーとチェコ。両方とも東欧の国で、似ているのかなあ、と勝手に思っていたらば、実は隣り合っている国なのに全然違うことが判明。ハンガリーの色づかいは、とても明るい。そしてちょっとダークな魅力があるチェコに比べると、素朴でまっすぐな眩しさを感じます。chekochanさん、ありがとうございました。

そんなわけで、ちょっと中身をご紹介させてください。
この絵はちなみに表紙。この明るいえんじ色が、まずチェコとは違う感じ。そして、踊る5人のおばあちゃん。資料の写真をいろいろ見てたら、ハンガリーのおばあちゃんのあまりにキュートな笑顔とファッションにすっかりやられてしまいました。


meal.jpg

ハンガリーのごはん。
赤いパプリカが食材として使われることが多いので、
料理も明るいえんじ色のものが多いです。
おいしそう。
左上にいるのが、案内人のハイナルカちゃん(あさがおの意味)です。

dessert.jpg

ハンガリーのデザート。
うーん、見ているだけでよだれが・・。
ダマ三兄弟もさりげなく登場しています。

続きます!!