img20060630.jpg

「世界のどこかにある広場」
なんか、書くこといろいろあるので、毎日くどい感じですみません。私も、なんかあんまりいろんな事に実感がなくて、自分自身についていけてない感じです。
そうこうしてたら気づいたらアクセス数が12万を大幅に突破しておりました。この間11万ヒット記念の記事を書いたばかりだったのに。わい。

会社が今日までで、一段落しました。
あまり感傷的な事は書かないようにしたいのですが、それでも、やっぱり広告会社の戦略プランナーとしての私のキャリアはここで終了するわけなので、たかが3年、されど3年、感慨深いです。
最初、大学を卒業するとき、そのまま就職しないで絵の道を目指すことを本気で考えました。周りにも「おまえが会社員してるところなんて想像出来ない」とか言われたりしてました。けれど今、安易にそうしなくて本当に良かったと思っています。おもしろいことも、大変なことも、終電続きで合宿状態だったことも、悔しくて泣いたこともたくさんありますが、この3年間の会社員生活の私への影響は計り知れなくて、本当にたくさんの知識や刺激、多くの一生の出会いと成長の場を与えてもらったと思っています。
また会社と絵を両立しながら、連日深夜に絵を描いていたことも、ハードだったけれどとても意味のあることでした。昼と夜で脳の全く違う部分を使うことが、逆に良いインプットとアウトプットのバランスになっていたんじゃないかと思います。
多分、転職を経験している人にとってはこんな感慨、そんなにたいしたことじゃないのかもしれないし、今の仕事との繋がりがなくなるわけではないのですが、それでも個人的には今日は私にとってひとつの大きな節目でした。
(このブログは私の表現の場であり、あくまでイラストレーターデナリの表現の場なので、今まで意識的に会社の仕事については書かないようにしてきましたが、最後なのでちょっと書いてみました。)

さてさて。
一段落して、しばらくのんびり・・・

なんてことはありません。

まだ何も終わってない。
それどころか、何も始めてさえいない。


全てはこれから、明日からの自分次第。

それで、先日も書きましたがもう1つご報告があります。

夏から地球一周してきます。いわゆる、「地球一周の船旅」に行ってきます。
突然すぎて驚く方もいるかもしれませんが、これは私の中ではごく自然な流れでした。絵に集中する前に、身体と気持ちの切り替えも兼ねて大きなインプットとなる経験をしたかったということ。そして、私は旅がとても好きだということ。(そして飛行機が嫌いだということ)
世界中を回って、絵を描いてくることが出来たら、最高だということ。
いろいろな場所を訪れ、いろいろな人に出会って、いろいろな経験をすること、その全てが表現活動をしていく上での糧になっていくと思うからです。

そして何より、きっと一生のうちで今しかいけない。

ただちなみに乗客としてではなく、ボランティア通訳として(つまりスタッフとして)乗船します。日→英と英→日。各寄港地から乗ってこられるゲストの方の通訳をしたり、現地に行った時の乗客の方との通訳をしたりします。
ちなみに、私は帰国子女かといえばそんな事は全くなく、高校の時にアラスカで1年間生活したことがあるのと、カナダやアイルランドに1ヶ月ほど短期留学をしたことがあるのみ。つまり英語はネイティブではありません。国際協力や政治についての深い背景知識もありません。なので、面接と筆記試験、口頭通訳試験はパスしたものの、不安も大きいです。
・・・・努力でカバーします。
という感じです。
ただ、その旅で私の絵がどう変わるのか、とか、どんな人に会えるのか、とか、そんな事を考えていると、鳥肌が立つくらいワクワクもします。

出発は7月21日。そして帰国は10月29日になります。

また、いろんな子たちを連れて行って、世界中からリアルタイムでブログにアップしたいな、と思っています。そして来年のカレンダーは、「デナリの世界一周カレンダー」だ!(気が早くてすみません)

船旅についてはまたいろいろ書くと思うので、今日はとりあえずご報告まで。
出発までしかし、何気にあと3週間か・・・時間ないなあ。

最後に私のモットー。

「やるかやらないか迷ったら、やる。
 やると決めたら、やりとげる。」

こんな長い記事にお付き合い頂き、ありがとうございました。