torii.jpgまた旅に出ているのか、とつっこまれてしまいそうですが、京都に来ています。今回は3日間のプチ旅、旅の仲間は妹とおばあちゃん。家族旅行はお正月に行ったし、おばあちゃんとはアラスカまで一緒にオーロラを見に行ったりした仲なのですが、このメンバーは初であります。
2月の京都もまた良い。街には歴史があり、おいしいものが多くて・・・って昨日も地元鎌倉について似たような事を書いたような。2日連続で鎌倉、京都と行くとは思っていなかった。まさに幕府と朝廷のめくるめく饗宴。(?)武士の街と、公家の街は違うけれど、人を癒すパワーを持った街の空気はやっぱりどこか似ている。

「そうだ、京都にいこう」の一番最初のCMに使われていたのがとても印象的だった伏見稲荷の千本鳥居、ゾワゾワと鳥肌が立つくらいのエネルギーが風に乗って無限の鳥居の連なりの中から吹き付けてきました。
ginaku.jpg

言わずとしれた銀閣寺。足利義政が作った銀閣寺。室町時代の後半とすると、ちょうどペルーのマチュピチュでインカの民たちが栄えていた頃、ここで義政がお茶を飲んでいたわけだ。


そして、青蓮院にも行きました。静けさがとても居心地が良くて、物音ひとつしない本堂の縁側に座って、3人でぼんやりと庭を眺めたりしました。いいなあ。本当に、いるだけで心が洗われてゆくような気がします。

yuba.jpg

しあわせの限り。「ゆば泉」のゆば膳。ゆばづくし。


tokoroten.jpg

ぽんと町「やまぎし」の茶天。口の中ですっと消えてとろける甘さ


生麩、湯豆腐、豆餅。
おいしいもの、食べたいものがありすぎて、2泊3日じゃ足りません。