現在山梨「旅と空想の美術館」でやっている展示に関して、先日の八ヶ岳ジャーナルに続き、「山梨日日新聞」さんにも載せて頂きました。有難いことです。wikiによると山梨県に住んでいる人の70%は読んでいるらしいです!!そんなところにこんなに大々的に取り上げていただけるなんてなんともお恥ずかしい。そもそも取材なんてされた事自体あまりないので、記事になってみると自分こんなこと言ったんだっけ、みたいな箇所がたくさんで・・。あうあう。またフクロウを飛ばしました。
こんな風にご紹介頂いて心の底からうれしく思うと同時にちょっと戸惑ってしまうのは、これは別に私がすごいのではなく、あくまで「星つむぎの歌」という大きなひとつの流れのひとつの表出の仕方なのだと思うからです。その一部になれたのは本当にいろいろな人、このプロジェクトに関わった全ての人のおかげ。だからこそ、ほんの少しでも私がその流れを加速させ広げてゆく助けになれればいいと思う。
平原綾香さんのアルバムもリリースされ、「星つむぎの歌」を随分と街中で耳にするようになりました。何度聴いても飽きません。それだけ多くの人の想いが詰まっているからだろうな。
img20080220.jpg