img20080225.jpg
突発的なお誘いにより現在武道館に。最近そんなことばっかりです。トンク、タイシャン、ありがとう。ビョークを見るのは、2003年のフジロック以来です。あの時は押し流されるように前から3列目くらいで見たら、押し寄せる聴衆たちに揉みくちゃにされてひどいことになったのでした。

というわけで、いってきました。2階席だったのですがすごくよく見える位置で、今回は落ち着いて堪能できてよかった。ビョークはやっぱり妖精さんでした・・・。歌っている本人も、「音楽の触媒」と化しているように見えました。とても自由で、パワフルで、キュートだった。
宇宙のリズムに合わせて私も揺ら揺らしていたら、あっという間の2時間。
とても心地よい夢を見ていたような、そんな気分で武道館を後にしました。
ちなみに私は、ビョークは好きですがアルバムとかは持っていません。好きな曲のみituneに何曲か入っているだけです。なんか、そういうものではないのです。あんまり日常的に聴くものではない。密度が濃すぎてBGMに出来ないというか・・。うまく説明できないのですが。でも好きなのです。特別なのです。

しかし、ビョークの英語は聞き取りにくい・・。あの巻き舌は、ヴァイキングというよりもラテンの香り。アイスランド語ってどんな言語なんだろう。


Image182.jpg