img20091015.jpg

お仕事のお知らせで。いつもお世話になっているシティリビングさんの9月25日号の「銀座有楽町」の特集のメインのイラストを描かせて頂いたんですが、ちょうど引越し前後で越してからはネットもつながっておらず、週刊のタブロイド誌だから今告知しても全く意味のないお知らせです。汗
去年の同じ時期の「銀座有楽町フェスティバル」の絵を描くために銀座についていろいろ調べてから、前は食わず嫌いしていたこの街が一気に好きになった。
人間関係でも食べ物でも場所でもなんでもそうだけれど、第一印象で排除してしまうものの中には素晴らしいものが含まれているかもしれないと思う事はとても大事だ。自分の印象をどれだけ信用するかだけど、「合わない」とか「嫌い」とか、大して知らないのに切り捨ててしまうことほどもったいないことはない。柔軟に、オープンでありたいと思う。
私の最近の銀座歩きのコースは、ベタですが、四丁目交差点の階段を上がって、アップルストア見て、松屋と伊東屋見て、そのあとプランタンやハンズをのぞきにゆきます。ランチタイムだったらYOUにオムライス食べに行ったり、三越でジェラート食べたり、時間があれば有楽町で映画を見たり、カフェーパウリスタでコーヒー飲んだり、夜で誰かが居れば友達が働いている美味しいベルギービールやさん、ファボリにいったり。そして帰りには木村屋で次の日の朝ごはんのあんぱんをおみやげに。

あと、最近はティカルーニャの猫たちが銀座の「博品堂」に置かれているから、ついつい親心でのぞきに行ってみたりもする。勝手に可愛く並び替えたりしてしまうよ・・。あとはそんなに何回も行ってないけど、豚が美味しいヴァンピックルというビストロや、葱が美味しいねぎやとか、行きたくなるなあ~。

私はずっと銀座というのは「お金がないと楽しくない場所」だと思っていたのですが、それが大きな間違いでした。銀座を一周散歩すると、そのこと自体が楽しくて、なんか成し遂げたみたいな感じがあって、さらにインスパイアしてくれる形や色がたくさんある。ショーウィンドウにあるものを自分のものにしなくても、見ているだけで幸せになれる。良い美術館の展示を見たみたいな、満ち足りた気持ちになれるところが好きです。

あれ、私が能天気で安上がりなだけ・・?笑
そりゃ、欲しいもの全部買えたらもっといいんだろうけど!

また銀ブラしにいこうっと!
「銀座をぶらぶらする」ではなく「銀座でブラジルコーヒーを飲む」です。

img20091015_1.jpg