img20091016.jpg

落。
何にイライラするって自分にイライラしてしまうのです。
そしてイライラがイライラを呼ぶのです。

人にされたら嫌だなあっていうことをしている自分に気がつく。
直そうと思っている間違いを、また繰り返す。
普段なら笑って流せる言葉に妙にダメージを受ける。
優しくしてくれる人にもひがみっぽくなる。
相手はいつもと変わりないのに。所謂これをやつあたりと言う。

語れば語るほど自分が嫌になるのならいっそ何も言わなければいい。

誰にも会わなければいい。でも寂しい。

居てほしいけど会いたくない。聞いてほしいけど話したくない。
なんて嫌なやつ!

この脳内に癒着した葛藤と執着をどうにか出来ないだろうか。
体の中のの細胞を、一度全部イクラみたいにバラバラにして、変なところを取り除いてキレイに洗って、水にさらして、また型に入れて作り直せないもんだろうか。

全然関係ないけれど英語でイライラはirritating(イリテイティング)
なので、同じじゃないけどなんか音が似ている。
英語では日本語みたいな擬音がなくて歯がゆい時があるけれど、
そんなわけで「イライラした感じ」を表現するときにはあんまり困らない。
あの感じ!を共有している!と思う。音って大事。
面白い。
って落ち込んでてもすぐに脳内は脱線する。

よし、
寝よう!
明日はきっと大丈夫!

と、信じたい。