Denali's Room 一語一絵

旅と猫とあんことスイカを愛する絵描き、デナリこと大野舞が日々をつづっています。

カテゴリ: works

bb

いつも本を買ったり、家具を買ったり、コーヒーを飲んだり、カレンダーを置いてもらったり、また「下北沢について」でも大変にお世話になっている下北沢の本屋さんB&B。ここで今度は私がトークイベントをさせて頂くことになりました!こんな日がくるとは。ありがたいことです。ShukuShuku編集長でもあり、ご近所さんでもある勝俣くんと一緒です。ちなみにShukuShukuには夢絵日記を連載させて頂いています。とてもいい雑誌です。

かなり近い距離でおしゃべりさせて頂きたいと思いますので、ご興味ある方は是非いらしてください!

日程 _ 11月15日(土)
時間 _ 15:00~17:00 (14:30開場)
場所 _ 本屋B&B
入場料 _ 1500yen + 1 drink order

詳細、お申し込みはこちらまで!
http://bookandbeer.com/blog/event/20141115_onomai_shukushuku/

更に!
普段からビールが飲める本屋さんB&Bですが、当日に限り、私がネコの絵を描かせて頂いたビール「水曜日のネコ」も会場でご提供できる予定です!ネコと一緒に待ってます!

更に更に!
まだ告知すら開始していませんが、その頃には完成している(はず)、デナリ2015年度版最新のカレンダーも会場で販売予定です!

前回の記事に続き、トークショーづいていますが、私は台本があるものを読むのは得意なのですがアドリブが全くきかないので、人前で話すのすごい苦手です...。キラキラ10代も緊張したけど、今回もきっとかなりテンパると思うので、温かい目でお見守りください。勝俣くんに任せよう...。

プレゼン上手なスピリットがその時だけ降りてきてくれないかな。
51 PM

ShukuShuku03

友達のかつまたくんが編集長をつとめる雑誌、”新しい豊かさ発見マガジン”ShukuShuku最新号が発売になりました。
ShukuShukuのホームページはこちら
私は前回から「夜間紀行」という、実際に見た夢の話を描いたイラストエッセイを連載させて頂いております。1ページなのでいろいろ削ってはおりますが、脚色なしの実際に見た夢です。
今回の特集のテーマは「仕事」。いろいろな人のいろいろな角度からの「働く」が描かれていて、回を追うごとに内容も熱さと厚さ(物理的にも!)を増していくように思います。よしもとばななさんの特別なエッセイ、ティッチャイのみゆきさんのレシピ、とにかくここでしか読めない!続きを読む

IMG_1078

私が絵を描いている「日本の神様カード」シリーズですが、今回仲間が増えました!

ひとつは「日本の神様カードミニ」。カードを愛用してくださっている方の中にはいつも持ち歩いている、旅先に持っていく、と言ってくださる方も多いのですが、従来のサイズだとなかなか重いしかさばるという声にお答えして完成しました。クオリティはそのままにトランプサイズで手のなかにすっぽりおさまって、かわいい。

そしてもうひとつは「ヒーリングアートギャラリー」。こちらはA4とちょっと大きなサイズ!高品質で印刷された複製原画です。直感で1枚引くカードではなくて、選んで飾ることで自分と合うカードのエネルギーをもうちょっと身近に感じてもらえると思います。まだ6種類ですが、お気に入りのカードがあったら、飾ってもらえたら嬉しいです。

並べてみると、小、中、大!トール、ショート、グランデ!

トトロみたいですね。
中、小、に比べて大が巨大なところが特に似ています。

最初に神様カードを作った時には思いもしなかったけれど、こんな風に何年もかけてじわじわと仲間も増えていって、感無量です。愛用していますと言ってくださる方や、行きつけのお店やカフェでいつも引いてくださっている方など、カードを通した出会いも多くて、私の輪をいつも大きく広げてくれます。

今はじっさいにちっこいのが家におりますが、神様カードシリーズもまた、私にとって子どものような存在。

本当に、ありがとうございます。
使ってくださってる方、そして何よりおおらかな日本の神様たちに感謝の気持ちを捧げます。

あ、「日本の神託カード」という妹分も産んでおりますので!(笑)
がっつり宣伝しちゃった。ステージママになってしまいました。

hananobed

お仕事のお知らせです。
11月28日発売のよしもとばななさんの小説の最新刊「花のベッドでひるねして」(毎日新聞社)の挿画・装丁を担当させて頂きました。

みなしごの女の子が幸せの魔法を見つけてゆく物語。

私はこのお話が本当に好きで、また今の自分にとって大きな意味がありすぎて、お仕事の告知と言いながら感想を書き始めたら止まらなくなってしまったので、しばらくは宝物みたいにこっそり味わっていたいし、まだ心の中にとどめておこうかと思います。ただ言えるのは私はあのイギリスの旅にいけたことや、この物語の世界を描くことができた幸せを一生味わって生きていくだろうということ。感謝の気持ちでいっぱいです。

家族、時空を超えて受け継がれるもの、呼び合って繋がる点と点。
大事なものってなんて見えづらく、なんて近くにあるんだろうと思います。そして時間というものは誰にとってもなんと公平で平等で、あまりに平等で冷たいように思えても、それが実は救いなんだっていうこと。

ばななさんの小説を読んだあとはいつも同じ日常、例えば手に取ったいつものマグカップ、窓をあけた時の景色、全部が輝いていつもより物理的に光を放っているように見えて、ただこの一瞬一瞬を丁寧に生きよう、自分が自分であることを大切にしよう、と思うのですが、このお話はそれが特に強く、私こそが幸せの魔法にかけられた気持ちでした。それは今もずっと続いています。

人生の節目に立ったとき、迷って間違ったことをしそうになることがあったら、きっとそのたびに読み返すだろうなあ、と思います。

カバーはぐるっとまわって1つの絵になっています。
とって見てもらえたら嬉しいです。
coversmall


そして、同じ時期に発売、大事なニュースがもうひとつ。下北沢の本屋さんB&Bから刊行されている「下北沢について2」もいよいよ発売。こちらも1と同じく表紙の絵と中のカットを描かせて頂いています。ばななさんと下北沢にまつわるあれこれの、下北限定販売、ここでしか読めない物語です。今回も初刷限定500部、シリアルナンバーつきです。そして、在庫わずかとなっていていた「下北沢について1」も増刷されましたので、前回間に合わなかった!という人もまた読むことができます。
是非下北沢にお越し下さいませ。
shimokita

nijiyura

おしらせです。
京都の手ぬぐいブランド「にじゆら」さんと一緒に作らせて頂いた新しいてぬぐい完成しました。注染という伝統的な技法で職人さんの手によって一枚一枚染められています。「アマヤドリ」に続いて2柄めは、アラスカがテーマ。2010年のデナリカレンダー「北にいきる物語」を見てくださった方には見覚えのある柄でもあります。是非ご覧ください。こちらで購入可能です^^)

注染のてぬぐいは裏表がなく両面同じ柄で染まるので、プリントのものとは味が全然違います。今回も微妙なグラデーションを出すために、職人さんが頑張ってくださり、海の青が本当に綺麗です。

にじゆらには他にもすてきなてぬぐいがたくさんです!夏にむけて是非1枚。

3月からずっとブログの更新を怠ってきたので、お知らせが続きます。

星野リゾートさんの宿泊施設「リゾナーレ」の春のキャンペーンのビジュアルを描かせて頂きました!八ヶ岳に囲まれた、空気がこれ以上なく綺麗なすばらしいロケーションにある、日本じゃないみたいな美しいホテルです。

そこでの宿泊プラン「女子会」、そして「母の日」。
リゾナーレ女子会0222

女子会プランの応募は、まだ間に合います!
詳しくはこちらをご覧下さい。5月10日まで。お友達同士で是非どうぞ。

リゾナーレ母の日0214

母の日はこちら。お知らせが遅くなったため、〆切が過ぎてしまいました(>-<)ううう。
でもご招待じゃなくても行くことはできますので!

私も昔、家族でリゾナーレに泊まったことがあります。もう15年くらい前ですが・・・。
また行きたいなあ。

マーカーは楽しい

4月23日に発売、コピックをどう楽しむか?のヒントが詰まった「マーカーは楽しい」(玄光社)という本に私も参加させて頂いています。すごいメンツの中にまざってしまって、今でもまだ緊張しています・・・。
 私は今は普段の仕事の作画にはあまりコピックは使わないので(昔はメインで使っていたときもありました。このブログも初期の頃はコピックで描いた絵が結構多いです)チャレンジングでしたが、だからこそあまり正統派ではない使い方で思いっきり遊ばせてもらってしまって、とても楽しかったです。コピックは、本当に可能性がある画材だと思います。
続きを読む

スピリチュアルかあさん2
新刊のお知らせです!
大野舞2作目となるコミックエッセイ、「スピリチュアルかあさんの今よりもラクに生きる魔法」(メディアファクトリー)が発売になりました。前作「スピリチュアルかあさん」の続編となる作品です。もうマンガを描くことなんてないかなあ、と思っていたので、またこのような機会を頂けたことがとても嬉しいです。前にも増してキラキラ輝いている表紙です。

1作目よりももっとマニアックにスピリチュアル度が増しているかと思います・・・ドキドキ。地球がシフトした2013年以降の世界をどう生きていくか?相変わらず内輪な話ですが、楽しんで頂ければ幸いです。

スピリチュアルかあさんの今よりもラクに生きる魔法 [単行本]

twitterをやっている方は、もしよかったら私も母も全部読みますし、ご感想つぶやいてみてくださいね。私のアカウントはMaiDenali、母ゆりこはyuripon0723です。ハッシュタグ「#スピママ」をつけていただくと抽出されるのですぐに見られます^^)
ブログのコメントももちろん全部いつも読んで励まされています。本当にありがとうございます。

2から読んで頂いてももちろん分かる内容になっておりますが、続編なのでもしご興味あるかたはこちらから読んでいただければ。
スピリチュアルかあさん  見えない何かと仲良しな日々♪ [単行本]

写真 2013-04-12 16 51 08

下北沢ヴィレッジヴァンガードさんにてサイン本を作ってきました、25冊分くらい。そのあたりで探してくださる方はよろしければVVへ^^)
→4月26日現在、サイン本はなくなってしまったようです!足を運んでくださったみなさま、ありがとうございます。また、増産しにいきたいと思うので、その際はつぶやきます!

あっという間に大晦日になってしまいました。
あれやこれやを書く前に、2012年12月のお仕事のお知らせです。
過去世セラピー

例によって母とタッグを組み、母が出した新しい本の挿画を描かせてもらいました。
人生を変える過去世セラピー」(PHP研究所)。「スピリチュアルかあさん」ではまだまだ描ききれていない、前世療法や過去世セラピーの世界が深く書かれているので、より理解が深まる面白い内容になっているのではないかと思います。

そしてもう1つ。
とらんじっと

私が大好きな、旅やいろいろな世界のことを取り上げる雑誌TRANSIT、今月号は北欧がテーマ。TRANSIT

その最後のページのJOTULという薪ストーブを紹介する広告のページの、イラストを描かせて頂きました。北欧は2003年にスウェーデンとデンマークを訪れたきりですが、大好きな場所とこのような形でかかわることができ大変幸せでした。旅の観点だけではなく、デザインや、北欧神話や、ごはんや、国民性の違いなど、いろいろな角度から北欧が描かれて、めちゃくちゃ濃く充実した内容で読み応えたっぷりなので、是非ご覧下さい!
続きを読む

片腕

お仕事のお知らせです。ダンサーの山縣美礼さんにお声掛け頂いて、舞台のフライヤーのデザインをさせて頂きました。川端康成の作品「片腕」の舞台化、壮大なプロジェクトの3部作のうちの1つ。

私は演出のノゾエ征爾さんの大ファンで、最近のはえぎわ作品はほとんど全部観にいっているので、関わらせていただいて本当にうれしいです。オーディションを見学させてもらったりもしました。私にはみんなすごく上手に見えるのに、美礼さんと3人でその後飲みに行ったときに、どういう風な観点でオーディションがなされているのか、というプロの視点を聞くことができたのがすごく面白くて、ついつい夜が更けてタクシー帰りに。

この美しくて官能的な物語が、ノゾエさんの手によってどんな舞台になるのか、どんな踊りになるのか、とても楽しみです。原作はこちら。

日本での公演に先駆けて台湾でのショーイングがあるのですが、そちらにはいけないのが残念~(>=<)本当はそちらに行きたい!でも、年末の森下スタジオでの公演を楽しみに、待っていたいと思います。

「片腕を 一晩 お貸ししても いいわ」

詳細はこちらからご覧下さい!

↑このページのトップヘ