Denali's Room 一語一絵

旅と猫とあんことスイカを愛する絵描き、デナリこと大野舞が日々をつづっています。

カテゴリ: goods

05-09-13_01-44.jpg

兄貴トンガリと子分トンガリ。

週末は、アクセサリー作りの達人Ceriseちゃんのおうちにお邪魔して
二人で白ワインを飲みながら 手作りのクレーマ・ド・フンギ(なんかこんな感じの名前。近頃キノコに縁があるなあ)のおいしいパスタを頂き、杏仁タルトと豆乳シュークリームをデザートに食べながらものづくりに耽りました。あれこれぺちゃくちゃ話をしながら、ああでもないこうでもないと何かを作るのはとても楽しい。今度は二人してミシンにはまる予定です。

piasu.jpg

ピアス: 「琥珀ドロップ」


udewa.jpg


ブレス: 「ガラクタビーチ」

05-08-19_20-14.jpg

素敵なサツマイモをいただいたので早速顔を描いてみました。

1.jpg

”初秋”

一人暮らしをしていても 実家は電車で一時間の距離なので
月に1回ピアノのレッスンのため 帰省します。

逗子駅を降りると ふわっと馴染みの潮っぽい香りがして 
何年都内に暮らしても私が「含まれて」いる場所はここなんだなと思う。
地元ってきっとそういうことだ。加えて私は中学も高校も鎌倉だったため、
その匂いは余計にいろいろな事を私に思いださせる。
とはいえ、都内の家に帰ってくると、やっぱり「帰ってきた」と思ってほっとする。最初はよそよそしかったこの部屋が、いつの間にかちゃんと私の場所になっているのが不思議。

実家に置きっぱなしになっていたミシンを持って帰ってきたので、いよいよ本格的にものづくり体制が整った。(でも長年使っていなかったせいか調子がおかしく、なぜか返し縫い”しか”してくれない。つまり逆方向にしか布を送らない状態。意味不明。)
続きを読む

実験ということでためしにユメクイをTシャツ化。
我が家のプリンターが壊れていた為、同志に迷惑をかける。申し訳ない・・。
発泡インクを使ったので、モコモコ。Tシャツ(左)とキャミソール(右)。
うまくいくときは、すごくうまくいってハッピーになります。
どうでしょうか、こんなの。欲しいなんて人いるのでしょうか。
どちらにしろ楽しいです。とても。もっとたくさん作りたい。

本日の教訓:
「版は若いうちが良い。スキージは1度が良い。パイは当日が良い。」


t.jpgt2.jpg

mama.gif以前からお手伝いさせていただいていたMAMA to be プロジェクトで、私が絵をデザインしたカバンが出来ました。

妊娠初期の、まだ妊婦さんだと周りにわかってもらえない、けれどつわり等がひどくて気遣いを必要としている人の手助けをするためのカバンです。

この絵はストレートに「お母さんのあったかさ」が伝わればいいなあと思って描きました。オレンジ、緑、ピンクと色のバリエーションもあります。私の絵が何かの、誰かの役に立つのなら、こんなに嬉しいことはありません。
続きを読む

05-07-24_01-20.jpg05-07-24_01-21.jpg



















ユメクイは動き出しました。
大好物の、夢を見ている人を探して。

ユメクイは人が見ている悪い夢を食べてくれますが
ここだけの話、本当にユメクイの好物なのは
幸せな夢だったりします。
そんなわけで たまには人の見ている幸せな夢を つまみ食い。
悪い夢より 幸せな夢の方がおいしいのは あたりまえだと思いませんか?

mon.jpg
ぬいぐるみの新作です。
角のある生き物です。
でもまだ内蔵が詰め込まれていないのでぺったんこです。
尻尾もついてないのでおしりが空洞です。
でもちょっとかわいいです。

05-07-18_21-02.jpg



「晴れた日の邪馬台国」

それはいつか暮らしていた場所。

(モデルはダマグルミオレンジさんです。)

↑このページのトップヘ